カテゴリー "Trip@Danmark♥" の記事

スポンサーサイト

歴史的な町並みとして保存されている地区「Dragør(ドラオア)」

今日は久々にデンマークのオススメスポットをご紹介しようと思いますが、今日ご紹介するのは「Dragør(ドラオア)」。↑ドラオアの街中の様子ドラオアがコペンハーゲンの中心から約12キロ離れたところに位置する町で、古き町並みが美しく遺されているエリアがあることで有名です。が、このエリアがとても小さすぎるので、短期間の観光でデンマークに来ている人におすすめできる観光スポットではないのですが、もうメジャーなところ...

Ribe Domkirke(リーベ大聖堂)

昨日リーベについてご紹介させて頂きましたが、今日は昨日ご紹介しきれなかったこの町のシンボル「リーベ大聖堂」についてご紹介したいと思います。↑リーベ大聖堂外観ここは900年近い歴史を持つ大聖堂で、12世紀に建てられた当初、塔は2つありましたが、現在の塔は1333年に再建されたものが1つ残っています。旧市街、リーベ大聖堂および110軒ほどの家屋は文化遺産として保護されている為、毎年ここを訪れる観光客は沢山☆大聖堂の中...

デンマーク最古の街「Ribe(リーベ)」

今日は久々にデンマークのお勧めの都市について、ご紹介しようと思いますが、今日ご紹介するのは「リーベ(Ribe)」。ここは街の端まで数十分あれば歩けてしまうほどの、小さな街なのですが、「デンマーク最古の街」と言われており、その歴史は8世紀まで遡るそうです。↑リーベの様子こんな小さな街なのに、観光客はちょこちょここの町にやってくるのですが、それは、この町がアンデルセンのおとぎ話に出てきそうなくらい可愛らしい...

デンマークにある数少ない世界遺産「イェリング墳墓群(Jelling Mounds, Runic Stones and Church)」

今日はデンマークの「世界遺産」についてご紹介しようと思いますが、今日ご紹介するのは「イェリング墳墓群」。イェリング墳墓群(Jelling Mounds, Runic Stones and Church)は、デンマーク、ユトランド半島中部のイェリング近郊で発見された ルーン文字の刻まれた10世紀の石碑で知られる墳墓群で、石碑はデンマークの国家の起源を示す貴重な文字資料であり、 1994年に世界遺産に登録されました。(Byウィキペディア)↑イェリン...

アンデルセンの人生と生涯を紹介する博物館「H.C. Andersens Hus」

今日から昨日お伝えした通り、デンマーク第三の都市「Odense(オーデンセ)」にあるお勧めスポットをご紹介したいと思いますが、今日ご紹介するのは「H.C. Andersens Hus(アンデルセン博物館)」。ここは世界的な童話作家アンデルセンが1805年に生まれた家を市が近隣とともに買い取り、1908年に開館した博物館で、「オーデンセ観光といえばここ!」という程、多くの観光客が訪れる場所です。↑博物館外観作家の人生と生涯を紹介す...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。