上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧最大級の現代美術館「アロス・オーフス美術館(Aros Aarhus Kunstmuseum)」

今日も「オーフス」市内にある勧めスポットを紹介していこうと思いますが、今日ご紹介するのは北欧最大級の現代美術館「アロス・オーフス美術館(Aros Aarhus Kunstmuseum)」

ここは2004年4月に創設されたばかりで、まだオープンして10年足らずの美術館なのですが、現在は「オーフス」を代表する建築と言っても過言ではない位、有名な建物となっています。
アロス
↑美術館外観

なんでそんなに有名なのかというと、、、第一に挙げられる理由はそのデザイン性の高さ!この美術館はシュミット、ハンマー&ラッセンの設計によるもので、その素晴らしい内部の空間設計は目を見張るものがあるととても高評価されています。シュミット、ハンマー&ラッセンはコペンハーゲンにある王立図書館(ブラック・ダイヤモンド)も設計したオーフスを拠点に活躍するデンマークの建築家集団で、アロスを設計する際は1997年5月に国際コンペティションが行われ、110の案の中から彼らの案が選ばれてたそうです。

エントランスを抜けると中はこんな感じ~☆巨大な白色の螺旋形態が目の前に現れ、箱型の外観からは想像出来ないような空間が登場します!
アロス2 アロス3 
↑アロス外観&内観

入口にはいるといつもいるのが、このおじさん。笑 銅像?の格好をして、1秒たりとも動かないようにいつもポーズをとっているのですが、、、めっちゃ大変そう(^_^;)オーフスに来るたびに、毎回と言っていい程この美術館を私は訪れますが、毎回必ずこのおじさんはいます~。来るたびに毎回、毎日ご苦労様ですと、言いたくなる(TwTlll)笑
アロス4
↑いつも美術館内で銅像のポーズをしているおじさん

と、話はそれましたが館内は国際規模のアートミュージアムとして、コペンハーゲン郊外では最大級の規模を誇り、3つの常設ギャラリー(各々1100平米)と、2つの特別展示ギャラリー(1100平米、350平米)、地下にある「9つの空間」と呼ばれる特別展示スペースから構成されています。
アロス5 アロス15 アロス10
↑館内の様子

その中でも、有名なのはこの巨大な「少年」の像!この彫刻はオーストラリアの芸術家ロン•ミュエックという人が作ったもので、高さ4.5メートル、重さ500キロの巨大なプロポーションはオーフス美術館のランドマークの一つとなっています。この大きさは噂には聞いていましたが、、、実際に本物を見ると本当デカイ!!足だけで、身長150cmの私と同じ位の大きさがありました(゚ロ゚)
アロス6 アロス8 アロス9
↑館内に展示されている巨大な「少年」の像

肝心の美術館の展示はというと、常設展と企画展示会場があり、私が訪れた時は企画展として子供向けのボールレール?みたいな展示がされていました。なぜこの展示がされていたかはあまり良く分からりませんでしたが、、、(笑)、動くボールを追って、子供たちは楽しそうに遊んでいました(^-^)
アロス11 アロス12 アロス13
↑企画展示会場の様子

常設展には18世紀から現代にいたるデンマーくの作家を中心とした絵画が約1100点、彫刻が約400点ある他、映像や音を生かしたインスタレーション(仮設空間)も充実しています。常設展の展示会場はこんな感じでした~☆
アロス24 アロス23 アロス22
↑常設展会場の様子

この美術館は作品を見るだけでも、とても良い場所なのですが、私が特に気に入っているのは屋上にある「円形の展望台」。この展望台は世界的に有名なアーティスト、オラファー•エリアソンという人が、デザインしたもので、円形の展望台のガラスがレインボーカラーになっている事から「レインボー」と呼ばれたりもしています。
アロス16 アロス17 アロス18
↑展望台に行くまでに見える景色&レインボー外観

このレインボーは外から見てもとても綺麗なのですが、中を歩くとまた違った雰囲気を楽しめる♪♪オーフスの街を色とりどりのガラスから覗くと、それぞれまた違った色で街並みを楽しむことができて、とっても綺麗☆展望台の中を歩くと、こんな感じで色とりどりの景色を堪能する事が出来ますよ♪
アロス21 アロス20 アロス19
↑レインボーから見える景色

また1階にあるカフェは美術館に入らず、「カフェ」だけも楽しむ事が出来る様になっているので、お茶だけ楽しみたい人にもお勧め♪ここはFreeWi-Fiも使えるので、私はいつもお世話になっていますが(笑)、綺麗だし、快適だし、オーフスの中で、私が一番お気に入りな場所です(*^_^*)

ちなみに「アロス」という名は、オーフスの街がヴァイキング時代に呼ばれていた名で、地形のアロス(河口)から由来しているのだそう!オーフスに来た際は是非、足を運んでみてください(^-^)

*アロス・オーフス美術館詳細***
住所: Aros Allé 2, 8000 Aarhus, デンマーク
公式URL:http://en.aros.dk/
※参考文献:http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/denmark_md/03/index3.html
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。