上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな授業やってます@Egmont~Lampefeber~

さて、昨日エグモントのイントロ週の様子について紹介してみましたが、今日も引き続き「エグモントの授業」について紹介したいと思います。

今日紹介するのは「Lampefeber(ランプフェーバー)※デンマーク語」という授業。この授業は前回の記事で紹介した「選択授業」の1つで、秋学期は「Aモジュール」という科目の時間に選べる授業だったので、私は週に2回受講していました。

どんな事をするかというと、、、まさに授業名の通り「ランプを作ってみよう!!」という授業。どんな材料を使っても良し、どんなデザインのものを作ってもよしと、とにかく「自由」!!自分でデザインから、制作方法まで全て考える事が出来るのでまさに「世界でたった1つのオリジナルのランプ」をつくる事ができます♪

授業の最初の方は、ランプ作成に入る前にデンマークや海外で有名な「デザインランプ」の事を座学で少しお勉強。先生がスライドで色々なランプを見せながら、これらのデザインについて解説してくれるのですが、どの話も興味深いものばかりで、とっても面白い講義でした(*^_^*)

座学で色々勉強した後は、なんと「リサイクル工場」にみんなでGO!「なんでリサイクル工場??」と最初は思ったのですが、、、なんとここで廃材を色々集め、それを使ってランプを作るのだそう(゚o゚;;「ほ~さすがエコの国デンマーク!モノ作りにもちゃんとリサイクル品を使うのね~」と思いながら、私も到着そうそうリサイクル工場の中を色々と物色☆
ランプ作成 ランプ作成6 ランプ作成3 
↑リサイクル工場の中の様子

「こんなところにホントにランプ作りに使えそうな廃材あるのか?」と最初は思っていましたが、デンマーク人は凄い廃材ばかり拾ってくる!笑 「これホントにランプになるのだろうか・・・?」と思いながらも、自分も面白い廃材を沢山見つけ、なんだかんだごっそり廃材を持ち帰ってしまいました(^^;
ランプ作成2 ランプ作成4 ランプ作成5
↑リサイクル工場の中の様子2

リサイクル工場に行った後は早速ランプ作り作成☆エグモントの校内には「工作室」と呼ばれる離れの教室があり、作成作業はみんなそこで行います。この工作室には大きなのこぎりからカッティングマシーンや穴あけ機等、だいたい工作に必要な機材はなんでもそろっています。

使うと危険な機械は先生と一緒に使いますが、、、だいたいのものが自由に使える♪生徒達は思い思いのアイディアを形にする為に、いろんな道具を使って作品作りに没頭♡名作ランプの本を見ながら、自分の作品の構想を練っている生徒や、既に手を動かして何かの部品を作っている生徒、その横でもう既にペインティング等の作業を始めている生徒等、作業の速さは個人それぞれですが、どの生徒も楽しそうに作っていて、とても良い雰囲気のクラスでした(*^_^*)
ランプ作成13 ランプ作成12 ランプ作成11
↑ランプ作成中の作業風景

私も何か面白いもの作らなきゃ~と思い、今回はこんな材料を使ってランプを作ることにしました。じゃ~ん、私がチョイスしたのは廃材工場で拾ってきた壁掛けの洋服かけとフォーク☆
ランプ作成17
↑私がランプ作成に使った材料☆

これを使ってどんなランプを作るかと言うと、、、洋服掛けを曲げて、フォークも曲げて、、、裸電球に傘としてつけてあげれば。。。
ランプ作成19 ランプ作成20 ランプ作成22
↑作成風景

こんな素敵なランプに大変身♪「王冠」をイメージしてつくったのですが、、、「王冠」に見えるかなぁ(^^;?デンマーク人の先生は「Nice idea!!」と言ってくれましたが、自己満足出来ればそれで十分♪作成後は半年間、お部屋に飾って自作のランプの明かりを楽しんでいました(*^_^*)
ランプ作成10 ランプ作成9
↑完成したランプ

他の生徒たちも凄い面白いデザインのランプを作っていて、その発想力にビックリ!
木の枝をランプ台として使っている子や森で拾ってきた枝を組み立ててランタンの様なランプを作った子等、凄い可愛いランプばかりでとっても参考になるものばかりでした♡
ランプ作成7 ランプ作成8 ランプ作成14
他の生徒の作品達

この授業は週に2回もあったという事もあって、デンマーク人の生徒の中には2つ3つと、沢山作品を作っている人もいて、作成スピードの速さにも驚くばかり(゚ロ゚)日本では見られないデニッシュの発想力を間近で見る事が出来て、とても参考になる授業でした(*^_^*)


と、こんな感じで今後も「エグモントの授業」についてはちょこちょこUPしていこうと思っているので、乞うご期待☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。