上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Egmont Højskolen 」ってどんな所??_No.1

だいぶ留学前の話ばかり書いてしまっていたので、、、今日からは留学先である学校の事や留学している今の生活について色々と書いていこうと思います!

と、いう事で今日は第一弾として私が今在学している「Egmont Højskolen (エグモントホイスコーレン)」について簡単にご説明↓↓

エグモント正面玄関
↑エグモントホイスコーレン正面玄関前☆★

エグモント・ホイスコーレンは、デンマークで発祥したフォルケホイスコーレンの一つで18 歳以上の成人を対象とした寄宿制のフリースクールです。
今日、デンマーク全国にフォルケホイスコーレンが約80 校程あるそうですが、その中でもエグモント・ホイスコーレンは「障がいのある生徒と障がいのない生徒が共同生活をして学ぶ」とてもユニークな学校です。(By エグモントHP)

※「フォルケホイスコーレン」については以前投稿したこちらのページを参照ください↓
「フォルケホイスコーレ」って何??

以前投稿した記事に書いたように、「フォルケ」は24時間の共同生活を通 して、討論と体験から若者を啓発する学校で、学歴や資格を問わず、テストもない自由で開放的な学風も大きな特徴です。

エグモントはこのフォルケの1つとして1956年に発足し、2013年現在は約180人の生徒と職員約70名(教員、事務員、厨房、ケア職員、用務員を含む)が一つ屋根の下に生活しています。

授業は2学期制で、「春コース」と「秋コース」といって日本でいう1学期、2学期という様なコース分けがされています。各コースの詳細はこちら↓
****************************************
秋コース 各年8月上旬 ~ 12月下旬(18~19週間)
春コース 各年1月上旬 ~ 6月下旬(23~24週間)
1年間コース 各年8月上旬 ~ 6月下旬 または 各年1月上旬 ~ 12月下旬
****************************************

留学は半期又は1年コースから選ぶ事が出来、だいたい各学期に毎年5~10名程の日本人が来ているそうです。と言っても、その年によって留学者数は全然バラバラ。その良い事例といえるのが今年度の留学人数。2013年度の春コースには3名しか日本人がいなかったそうですが、私の来ている秋コースにはなんと13名もいます!10名も差があるってどんだけ~!!という感じですが、毎年人数は全く異なる様です。

他のフォルケに比べると圧倒的に日本人人口の多いエグモント。その理由はフォルケで唯一、日本人の先生がいるからという理由に尽きると思います。

「片岡 豊先生」という日本人の先生がいて、1980年頃からここエグモントで「日本人コース」を開設され現在担当教師として指導してくれています。この日本人コースを卒業された生徒は累計で200名程いるとか。

デンマークでは先生も生徒も「ファーストネーム」で呼び合うのが当たり前です。だからここでは先生の事もみんな「ゆたか」と呼びます。なので、これからこのブログでも「ゆたか」のことは「ゆたか」と書いていこうと思います。


「ゆたか」の元で勉強し始めてから早4か月!この4か月間、いろ~んな事を沢山勉強しています!!勉強?というよりも、「体で体感している」という方が正しいかもしれませんが。。。ここでの勉強は私にとっては非常に面白い!

どんなことをしているか、どんな学校なのかという事は1記事だけでは書ききれない程、山ほどネタがあるので、またちょこちょこ小出しに書いていこうと思います。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。