上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルシンキのランドマーク「ヘルシンキ大聖堂(Helsingin tuomiokirkko)」

今日も昨日に引き続き、「フィンランド・ヘルシンキ」and「エストニア・タリン」で私が訪れたお勧めの観光スポットをご紹介しようと思いますが、今日ご紹介するのはヘルシンキのランドマーク「ヘルシンキ大聖堂(Helsingin tuomiokirkko)」
ヘルシンキ大聖堂
↑ヘルシンキ大聖堂外観

ヘルシンキ大聖堂は1830年から1852年にかけてネオ・クラシック様式に改築された聖堂です。カール・エンゲルによって独自にデザインされ、彼の後継者であるエルンスト・ロールマンによって継承され、今日最も有名なヘルシンキの観光名所となっています。毎年350,000人を越える人々が教会を訪れ、その中には宗教儀式に参加するものもいるのだそう。今日教会は普段、信仰の奉仕と結婚式のような特別なイベントに使用されています。(by ウィキペディア)

ドームを軸とした、シンメトリカルなデザインが印象的な聖堂は、青空の下で見ると、すっごく綺麗~。ヨーロッパの教会は行き過ぎて、見飽きている私ですが、この教会の白い壁と屋根の緑、そして青空の青い色のコントラストはとても綺麗で、外観を見ているだけで、何だか心が洗われる様な気がしました(*^_^*)

中の写真はあんまり撮ってこれなかったのですが、、、だだっ広い聖堂の中は「白」一色。白い聖堂内にゴールドのシャンデリアがポツン、ポツンと配置されていて、シンプルな聖堂の中にあるゴージャスな明かりたちは、とても脚光を浴びて見えました。
ヘルシンキ大聖堂3
↑聖堂内の様子

聖堂なので、中に「祭壇」もちゃんとあったのですが、建築物のスケールがデカイ割には、とっても小さな「祭壇」でビックリ!笑 祭壇が大きければいいという訳ではないですが、、、デカイ建築の中に祭壇がポツリと小さく配置されて、なんだかとても可愛らしく見えました(^^;
ヘルシンキ大聖堂2
↑聖堂内の様子2

ヘルシンキは今は「ショッピングの街」と言える程、ショッピング街が発達しているので、お買い物を楽しみに来る人も多いと思いますが、、、ショッピングに疲れた方は是非、聖堂の前にある大階段に腰をおろし、高台から見える景色を是非堪能してみてください(*^_^*)

*ヘルシンキ大聖堂***
住所: Unionsgatan 29, 00170 Helsingfors, フィンランド
公式URL:http://www.helsinginkirkot.fi/fi/kirkot/tuomiokirkko

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。