上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北欧を代表するデザイナー「Arne Emil Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)」

さて、昨日告知した通り、今日から数日間は「デンマーク生まれの有名人」と題して、デンマーク出身の建築家や家具、プロダクトデザイナーをご紹介していきたいと思いますが、今日ご紹介するのは数々のベストセラーを生み出した北欧を代表するデザイナー「Arne Emil Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)」

「Arne Emil Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)」はデンマーク出身のデザイナーです。建築家としてキャリアをスタートさせましたが、ステンレスウエアから時計等の小物、世界的ベストセラーとなった「セブンチェア」に代表される家具、そして数多くの建築設計まで手掛け、現在は20世紀北欧デザイン界のスーパースター的な存在となっています。
アルネ・ヤコブセン
↑Arne Emil Jacobsen

彼が生まれたのは1902年。デンマーク、コペンハーゲンで貿易商を営むユダヤ系デンマーク人の父ヨハンと母パウリーンの長男として誕生しました。当初は画家を目指していたそうですが、父親が猛反対。1921年に父に反発して家を出て、客船の旅客係として働き始めますが、船酔いを克服できず、すぐに辞めたという過去があったそう。

その後、友人の建築家、フレミング・ラッセンに絵の才能をいかせる建築の道を勧められ、1924年にデンマーク王立芸術アカデミーに入学します。1927年に同校を卒業した後、パウル・ホルセーの事務所に入所し、同じ頃、マリー・イストラップ・ホルムと結婚。マリーの紹介でポール・ヘニングセンと知り合います。

1929年にフレミング・ラッセンと共にコンペに向けてモダニズムの形式をとった未来の家を発表し、モダニズムの旗手の一人としてデンマーク国内において一躍注目を集めるようになります。これを機に、彼の人気が出始め、住宅設計の依頼が増え始めた為、同年、事務所を設立。1930年代には、コペンハーゲンの北に位置するクランペンボーの海岸沿いのベルヴュー地区に、レストランや劇場の隣接するリゾート型複合住宅を建設するコンペに当選し、『ベラヴィスタ集合住宅』をはじめとする大規模リゾート計画を手がけています。

1940年、デンマークがナチス・ドイツによって占領されると、ユダヤ人であったヤコブセンはナチスによる迫害を恐れ、ポール・ヘニングセンと共に当時の中立国であったスウェーデンへ亡命します。亡命中は建築設計は殆ど行われず、二人目の妻ヨハナとテキスタイル・デザインを手がけるなどして過ごしたのだそう。

第2次世界大戦が終了すると、デンマークへ帰国し、1946年から手がけた『スーホルム集合住宅』では非対称の屋根を採用するなど新しい概念を持ち込んだテラスハウスを発表します。
1950年代初めからは後に世界的な評価を得ることになる家具デザインを始め、家具デザインのスタイルは1952年の『アント(蟻)チェア』によって確立され、その後も『スワンチェア』『エッグチェア』『セブンチェア』などの家具作品を続けて発表しました。
アルネ・ヤコブセン2
↑ヤコブセンの代表作品「セブンチェア」

1956年に竣工したデンマーク国内初の高層ビルであるSASロイヤルホテルでは建物の設計からインテリアデザイン、照明やドアノブ、食器類などの細部までを一貫して手がけました。また、1964年のオックスフォード大学セント・キャサリン・カレッジでは加えてランドスケープデザインも手がけます。「建築に関わるすべてのもののデザイン」に携わる姿勢はヤコブセンの特徴の一つであり、「完璧主義者」として有名だったのだそう。1971年に着工したデンマーク国立銀行はヤコブセン最初の国家レベルでの仕事でありましたが、同年にその竣工を見ることなく逝去しました。(by ウィキペディア)

ヤコブセンの作品は日本でも大人気で「セブンチェア」や「アントチェア」等はレストランやカフェ等、至る所で使われている家具となっていますが、ヤコブセンが元々は「建築家」だったという事を知らなかった人も多いのではないでしょうか??

しかも、戦争中はポール・ヘニングセンとスウェーデンに亡命していたなんて、知らなかったので、驚きましたが、巨匠の友達はやっぱり巨匠なのだな、と改めて「類は友を呼ぶ」のだなと感じました。笑

SASロイヤルホテルは竣工当時は周囲の環境と合わないと賛否両論があったそうですが、今ではコペンハーゲンのランドマークとして、君臨しています。SASロイヤルホテルは現在も名前が変わっているながらも、現存しており、606号室は、創業当時のヤコブセンデザインを維持した「ヤコブセン・スイート」部屋として残されているそう。ここに泊まるのは中々高いので、デンマークに滞在中に実現できるかはわからない夢になりそうですが、、、機会があれば、是非泊まってみたいと思います!!!
アルネ・ヤコブセン3
↑SASロイヤルホテルの606号室☆こんな風になっているそうです!

と、こんな感じで今後もデンマーク出身のデザイナーについて、今後もご紹介していこうと思いますので、乞うご期待☆彡

*参考**
ウィキペディア:アルネ・ヤコブセン
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。