上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大胆な想像力を持つ孤高の天才「フィン・ユール(Finn Juhl)」

今日も昨日に引き続き、デンマーク出身の建築家や家具、プロダクトデザイナーをご紹介していきたいと思いますが、今日ご紹介するのは大胆な想像力を持つ孤高の天才「フィン・ユール(Finn Juhl)」

フィン・ユール(Finn Juhl)はデンマーク出身の建築家、家具デザイナーで、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインの黄金時代を築き上げたデザイナーの1人です。
Finn Juhl
↑Finn Juhl

1912年デンマークのコペンハーゲンに生まれ、王立美術大学建築科でカイ・フィスカーに学び、1934年卒業。コーア・クリントに学んだデザイナーがデンマーク家具デザインの主流として活躍する中で、独特の発想と造形力で全く違ったデンマークデザインの在り方を示していきます。

1935年からヴィルヘルム・ラウリッツェン建築事務所勤務のかたわら、キャビネットメーカー技術者であるニールス・ヴォッダーの協力を得て数々の名作を設計、その優れた彫刻的形態と造形感覚で独自の世界を作り上げ、世界にデンマーク家具を知らしめました。1940年「ペリカンチェア」を発表し、1945年独立して事務所を構えます。
Finn Juhl2
↑1940年に発表した「ペリカンチェア」

こうして見ると彼は順調に成功していたかの様に見えますが、彼の家具デザイナーとしてのスタートは順調ではなかったようです。彫刻のように美しい「チーフティンチェア」「ラケットにひっかかった4つのオムレツ」と酷評されたのだとか。フィン・ユールの評価は、スカンジナビアからでなく、アメリカで火がつき、その後デンマークで高まっていったそうです。
Finn Juhl4
↑発表当初批判されていた「チーフティンチェア」

彼の作品は名作である「チーフテンチェア」に見られるように、安定した構造体の構成と部分としてのユニークな形態、そのそれぞれの出合い、そこに生まれる独特な全体としての調和とその最高の完成度が特徴です。それゆえ、形態とディテールの美しさで“家具の彫刻家”といわれています。

彼のデザインした椅子が私は大好きですが、彼のデザインの良いところはその「斬新さ」
「えっこれ椅子なのか?!」と一瞬誰もが、何だこれと思ってしまうようなデザインを作り上げてしまう彼の発想力はまさに圧巻!それも、「家具」デザインの事を専門的に学んでいなかったという略歴がある意味、彼の発想力を豊かにさせたのだと思います。

彼のデザインは当時の他のデンマーク家具とは相容れない自由さ、大胆さがあり、「孤高の天才」と呼ばれていたそう。美しい曲線美とその考え抜かれた完成形は、他社には真似できない独創性があり、デンマーク家具の黄金時代(1950年代)に異彩を放つ存在であったようです。(by ウィキペディア)

彼は家具のみならず、1942年にまだ若き建築家であった頃に設計・建築した自邸しており、現在もこの自邸はコペンハーゲン郊外にあるオードロップゴー美術館の庭の先にフィン・ユール・ハウス(Finn Juhls hus)として、残されています。
Finn Juhl3
↑フィン・ユール・ハウス(中はこの様になっている様です!)

2008年から美術館の一部として公開されており、自宅の中も一般公開もしており、中に入れるそうです!この家で使うすべての家具も彼自身がデザインそうで、彼の人生がカタチとなって、森の中にひっそりと残っているのだとか。デンマーク滞在中に私も一度は訪れて見ようと思います。

*参考**
ウィキペディア:フィン・ユール
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。