上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年以上も昔にタイムスリップしたかのような風景に出会える町「エーベルトフト(Ebeltoft)」

さて、最近デンマークの観光地や素敵な町を紹介していなかったので今日からまた再開!!しようと思いますが、今日ご紹介するのは100年以上も昔にタイムスリップしたかのような風景に出会える町「エーベルトフト(Ebeltoft)」
Ebeltoft.jpg
↑エーベルトフト町中の様子

「エーベルトフト(Ebeltoft)」「Æeble(りんご)」「Toft(耕地)」を合わせた名前をもつ町で、14世紀の初めにはこの地方の商業の中心地として知られていました。

この町はデンマークのユトランド半島東部、エーベルトフト湾に面しており、ガラス工芸が盛んで、観光保養地としても知られています。また、町の名前の由来が「Æeble(りんご)」という事もあって、町中には「りんご」のオブジェを沢山♪♪
Ebeltoft23.jpg 
↑街中にある「りんご」のオブジェ

市内は町の中心を通るノアポート(Nørreport)、アデルギャーゼ(Adelgade)、ユールスバッケ(Juulsbakke)、ネーザーギャーゼ(Nedergade)、セナーギャーゼ(Søndergade)の5つの名前がつけられた約1.5kmの通り沿いと、港の周辺におもな見所やショップが集中して、可愛い小物や雑貨を販売しているお店が沢山あります。
Ebeltoft4.jpg Ebeltoft3.jpg Ebeltoft2.jpg
↑街中の様子

私は雑貨屋さん巡りが大好きなので、1軒づつじっくり見て回りましたが、どのお店も可愛らしい商品が沢山~!ウィンドウショッピングしているだけでもかなり楽しめる場所でした(*^_^*)
Ebeltoft15.jpg Ebeltoft14.jpg Ebeltoft12.jpg

Ebeltoft19.jpg Ebeltoft13.jpg Ebeltoft20.jpg
↑街中で見つけた可愛いお店&小物達

ちなみにエーベルトフトは工芸品がとても多い街でもあるので、街中を歩いていると陶芸やガラス製品を扱っているお店が沢山あります!しかも「お店」と「工房」が一体化していて、職人さんが実際に作品を作っている所が見れるお店も多数あるので、工芸品に興味のある方にはとてもお勧めな場所だと思います(^^)
Ebeltoft8.jpg Ebeltoft6.jpg Ebeltoft7.jpg
↑街中で見つけた「陶芸」SHOP

今回は街中を色々と散策しましたが、散策中こんな可愛らしいギャラリーも発見!ここは貸しギャラリーになっていて、毎回色んな展示会が行われている様ですが、今回は「写真展」が行われていました。展示されている写真は素敵なものばかり☆見ているだけで何だかとっても良いインスピレーションを受ける事が出来ました(*゚▽゚*)
Ebeltoft16.jpg Ebeltoft17.jpg Ebeltoft18.jpg
↑「写真展」を行っていたギャラリー

他にも近くの建物で展覧会をやっていたので、なんの展覧会か分からぬまま中に潜入!笑 今回の展示会あるデザイナーが作った「絵」と「彫刻」の展示会だった様ですが、どれもこれも可愛らしい作品ばかりで、見ていてとても和みました(^-^)
Ebeltoft9.jpg Ebeltoft10.jpg Ebeltoft11.jpg
↑展示会をやっていた建物&建物内の様子

他にもこの街で有名な観光名所である世界最長の木造軍艦、ユラン号を展示する博物館ガラス工芸の博物館があるので、見所が満載のエーベルトフト。

数日間の滞在で行くには少し遠い場所にあるのですが、、、デンマークをゆっくり観光したい際は是非、足を運んでみてください☆彡

*参考**
Scandinavian Tourist Board:http://www.visitscandinavia.org/ja/Japan/Denmark/Jylland/sightseeing/Ebeltoft/

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。