上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな授業やってます@Egmont~Design♥絵画~

今日は現在私が留学中の「エグモントホイスコーレの授業」を紹介する記事を書きたいと思いますが、今日ご紹介するのは選択授業の1つである「Design」の授業。この「Design」の授業は去年の秋コースで私が受講していた授業なのですが、毎年定期的に行われいている授業ではなく、今期実験的に設置されたクラスのよう。

生徒数は通常、1クラスに障害者の子が3分の1程いて、残りの3分の2が健常者という生徒比率なのですが、なんとこのクラスは健常者の生徒が私を含め5名だけという超少人数のクラス!障害者もいなければ、超少人数という希なクラスでしたが、人数も少なくアットホームなクラスだったので凄い楽しい授業を沢山やりました☆

授業内容は「絵を書いたり、何かを作ったりするのを初め、美術館に行ったり、デザイナーさんのお話を聞ける機会もあるよ」と、担当の先生から聞かされていたので、「デンマークのデザイン」を学びたかった私は迷わずこの授業を選んだのですが、この授業がまた凄い面白かった♪♪

ので、授業でやったことを自分が忘れない為にも、そしてこんな授業をエグモントではやりましたよ~と、エグモントに来たいと考えている人への参考になればと思い、授業でやった内容をここにUPしておこうと思います!
絵画
↑「Design」の授業の様子

選択授業なので、実際は週に1回、半期で5~6回授業を行いましたが、1つの記事に全部の内容は盛り込めないので、、、今日から数回に分けて、記事を書いていきたいと思います☆

第一回目の今日は「絵画」の授業。なぜこのトピックスを選んだかというと、、、この授業を担当しているI先生という先生が「絵画」専門の先生だから。I先生は、以前他のフォルケで絵画を教えていたようですが、7~8年前にエグモントに転校してきたのだそう。

絵も上手ながら、教え方もとっても上手だし、「超」がつくほど優しくて、私にとっては「デンマークのお母さん」の様な存在の先生です(*^_^*)

I先生の授業の中でも印象に残った「絵画」の授業はなんと「何にも考えず絵を描く」とい授業。この日の授業が始まるとすぐに1枚大きな紙と黒い絵の具と筆だけ渡されて、「今日は今から音楽を流すので、その音楽を聞きながら、何も考えずに筆を動かしてください」と先生から一言。

「何も考えずに描くってどういうこと??」と私には凄い「?」が沢山うかび、先生に質問してみると、「音楽を聴いていると、自然と色んな感情が生まれます。その感情にそって自由に筆を動かしてみて。きっと面白い作品ができるから」と言われました。ふ~ん、要は頭で「これを描きたい」と決めて書くのではなくて、聞こえてきた音楽から「何かを想像して描く」というのが、この授業の趣旨の様です。

内容は理解できたものの、自然に手なんて動くかなと思いつつとりあえずみんなと一緒に絵を書いてみることに。

音楽が流れてきたとともに、筆を握って色々と書いてみたけれど、何も考えないで絵を描くって凄い難しい。。。聴いた音楽はクラシックみたいに静かな音楽から、Jazzやpopソングまで様々なジャンルの音楽を聞いたけれど、音の強弱を筆で表してみたり、楽しげな様子や悲しい様子を描いてみようとトライしたけれど、中々どう表現していいかわからなくて、結局色々考えてしまいました。。。

曲を変える度に、画用紙を変えていったので何枚も絵を書いたけれど、何枚書いてもいい書き方は見つからないというか、何度トライしてもどういう風に書けばいいのかわからない。。。
絵画4
↑「Design」の授業の様子2

う~と行き詰っていた私を見ていたI先生は「何も考えなくていいのよ。筆がダンスするように、とりあえず楽しく書いてごらん。」と声をかけてくれました。周りのデンマーク人の書いている絵をチラッとみてみたけど、確かに彼らの絵も何が書いてあるのかよくわかない凄い絵になっている。らくがきというかなんというか、何も知らない人が見たら、小学生の落書きのような絵。笑 でもそれでいいのか、と思ったら気が楽になって、後半は音楽に合わせて、結構楽しく絵を描くことが出来きました♪

完成した絵は私のも他のデンマーク人の絵も、パッと見ほんとへなちょこりんなものばかり。笑 でもなんか決まりがないというか、何書いてもいいっていう絵は最近あんまり書いたことが無かったのでちょっと楽しかったなぁ☆
絵画2 絵画3
↑完成した作品たち☆どれもこれも落書きの様な作品ばかりです。笑

先生の解説によるとこの絵の書き方は「フィーリングに任せて筆を動かす」という手法で、こういう風に何も考えず、フィーリングに任せて筆を動かすということをすることも良い絵を描くのにとても必要なのだそう。「絵を描く」って結局は自分で見たもの、感じたもの、聴いたものが、キャンバスの上に表現されるものだから、五感を使って色んなものを沢山体感したり、経験することが、いい絵をかけるようになる為には必要なのだとか!!

結局最後の最後まで音楽ききながら、落書きしただけとい様な授業でしたが(笑)、新しい絵画の手法?を学べる良い機会になりました(*^_^*)「絵画」の腕を上達させたいので、あればこういう方法で絵を描くという時間もとっても必要なのだそう。絵画の腕を上達させたい方は、是非やってみてください☆彡
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。