上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな授業やってます@Egmont~Design♥トラポルト美術館(Trapholtmuseet)訪問~

今日も現在私が留学中の「エグモントホイスコーレの授業」を紹介する記事を書きたいと思いますが、今日は連日ご紹介している「Design」の授業内容を引き続きご紹介。(前回の記事はこちら☆)

「Design」の授業を受講している生徒は今回私を含め、5名というかなり少人数のクラスでしたが、少人数というだけあって、かなり自由度の高い授業だった記憶が♪エグモントは生徒の意見をとても重んじてくれる学校なので、先生たちは「この授業ではどんな事したい?」と生徒に直接色々と意見を聞いてくれました。

「Design」という名の授業をとっているというだけあって、生徒はやっぱり何かしら「Design」に関心がある子ばかりなのですが、「Design」といっても建築やインテリア、プロダクトも「Design」に繋がっているし、テキスタイルや陶芸、ガラス工芸等も「Design」と呼べるので、一言で「Design」と言っても幅広すぎてみんなの興味が1つには絞れないのが難しいところ。

それでも、なるべく先生たちは生徒の意見を尊重して、やりたいという事を出来るだけ可能にさせてあげようとしてくれるのが、エグモントの特徴なのですが、この授業では受講生の半数が「将来的にデザインに関わる仕事又は進学したい子」だったので、先生はそれを考慮して、極力幅広い分野の見れる「デザイン」に関する美術館や施設に沢山連れて行ってくれました。

その中で訪れたのが、「トラポルト美術館(Trapholtmuseet)」。今日はこの美術館について、少し詳しくご紹介しようと思います☆
Trapholtmuseet1.jpg
↑トラポルト美術館外観

「トラポルト美術館(Trapholtmuseet)」は現代デンマークの美術、工芸デザインを集めた美術館で、1996年には家具美術館も開設され、20世紀以降のデンマーク家具を数多く展示しています。

コリング(Kolding)というオーフスとオーデンセの間位にある町にある&コリングの駅からも少し遠い場所にある為、日本で購入する事に出来る観光本には中々載っていない事が多いのですが、デンマーク国内で「美術館」とくに「家具」というとこの美術館が有名なのだとか。
Trapholtmuseet2.jpg
↑トラポルト美術館入口

中に入ると、絵画がいっぱい~!中は大きく常設展会場と企画展会場と家具の展示会場に分かれていますが、常設展と企画展の会場は「現代アート」の作品が結構多く展示されているので、作品は結構奇抜。笑 カラフルな絵画から立体のプロダクトまで様々な作品がおいてあるので、色々見れて面白いですが、「なんじゃこりゃー?!」と思わずいいたくなる作品が多々あります(^^;
Trapholtmuseet3.jpg Trapholtmuseet6.jpg Trapholtmuseet21.jpg
 

Trapholtmuseet11.jpg Trapholtmuseet12.jpg Trapholtmuseet17.jpg
↑美術館館内の様子

例えば、この作品。一見普通のミキサーが沢山並んでいるかの様に見えますが、、、なんとなかに金魚がはいってる!金魚ちゃんは既に死んでおりますが、生きてたらミキサーにかけられてしまうんじゃないかと、ちょっとヒヤヒヤする作品(゚ロ゚)でも、この作品、作者の名前を忘れちゃいましたが、結構有名になったそうな。パッと見可愛いけれど、ちょっとグロイ作品ですね(--;)
Trapholtmuseet4.jpg
↑ミキサーに入った金魚のオブジェ

そして、なんじゃこりゃー作品その2は壁から出る怪しい物体。。。白い壁から突如足の様なイガイガの様な黄色&オレンジの変な物体が出ているので、なんだろかこれ~と思って入ってみると、中はなんと空洞の空間!!この袋?のようになっている黄色い布、そのものをデザイナーさんがデザインして作ったようですが、、、なんとも不思議でちょっと気持ち悪い空間でした(^^;
Trapholtmuseet5.jpg Trapholtmuseet22.jpg Trapholtmuseet23.jpg
↑奇妙な空間の展示

そしてそしてさらに!企画展に展示してあったのは「宇宙人」みたいな作品!「A Speace of dreaming」という題名で、何やら「宇宙」を意識して作られた作品だったようですが、なんか凄い作品なんだけれど、凄すぎてちょっと気持ち悪い!笑 展示会場の中には宇宙人の様な、人の様な形をしたオブジェが沢山あって、何だかとっても凄い光景でした。。。ん~ちょっと理解に苦しむけれど、まさに「芸術が爆発している」という様な空間でした。
Trapholtmuseet24.jpg Trapholtmuseet28.jpg Trapholtmuseet27.jpg
↑「A Speace of dreaming」の展示室の様子

ちょっと奇抜な作品はさておき、「家具の展示会場」はすごい~素敵☆世界の名作チェアがこれでもか!という程、沢山並んでいてまるで椅子の博物館の様な空間。
Trapholtmuseet15.jpg Trapholtmuseet16.jpg Trapholtmuseet18.jpg

Trapholtmuseet20.jpg Trapholtmuseet19.jpg
↑家具展示会場の様子
 
私が行った時は「フィンユール」の企画展もやっていたので、フィンユールの歴史から彼の作った作品の詳細までこと細かに展示がされていました。家具好きにはかなりたまらない展示~!私も家具が凄い好きなので、凄い勉強になったし、家具の展示を見たいなら、ここに来るべしと思いました。
Trapholtmuseet13.jpg Trapholtmuseet14.jpg
↑「フィンユール」の企画展の様子

またこの美術館の素敵なところは、とっても景色のよいレストランが館内に設置されている事♪レストランの内装もスタイリッシュでカッコイイだけでなく、一歩レストランの外に出ると緑色の芝生の海とその向こうに本物の青い海が見えます。外に野外テーブルもあるので、外で潮風と太陽の光を浴びながらお食事する事も可能☆
Trapholtmuseet7.jpg Trapholtmuseet8.jpg Trapholtmuseet9.jpg
↑レストランの様子

野外テーブルからはこんな風に、近くにある建物も見学する事が出来るので凄い面白い~♪近隣の建物もスタイリッシュな近代建築が多くて勉強になるものばかり(^-^)私が訪れた日は快晴だったこともあり、外に出て食事を楽しんでいる人が沢山いました。
Trapholtmuseet10.jpg
↑野外テーブルから見える建築たち

ちなみに、ここはミュージアムショップも充実していて、可愛いインテリア用品や雑貨が沢山売っています。カラフルな陶器やキッチン用品をはじめ、本や洋服まで、お店に売っている商品は様々。美術館を見学するだけでなく、ここでお買い物を楽しむのもいいかもしれません(^-^)
Trapholtmuseet.jpg Trapholtmuseet29.jpg Trapholtmuseet30.jpg
↑ミュージアムショップの館内

と、長々と「トラポルト美術館」の事について書いてしまいましたが、、、こんな美術館や施設を授業では回ったりしています。郊外の美術館って自分1人では行きづらいし、何個も回ると結構値段もかかるので、授業で連れて行ってくれるのはかなり有難い事♪

こんな感じで、ちょこちょこ色々な所に連れて行ってもらったので、また他に行った施設については追々UPしていこうと思います(^-^)

*参考**
トラポルト美術館:http://www.trapholt.dk/
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。