上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒く輝くダイヤモンドの様な図書館「Det Kongelige Bibliotek(デンマーク王立図書館)」

さてさて、今日は前々回に引き続きコペンハーゲンの素敵な観光地について書いてみたいと思います!

観光本やネットに掲載されている場所から、まだまだ日本語では掲載情報があまりない場所まで、「とにかくデンマークの隅から隅まで色んな場所を観光する事」が私の留学中の1つの目標でもあるので、私が訪れた観光地をこれからじゃんじゃん載せていきます~☆

第2弾の今日はコペンハーゲンにあるとっても素敵な図書館、
「Det Kongelige Bibliotek(デンマーク王立図書館)」をご紹介!

デンマーク王立図書館(Det Kongelige Bibliotek)はコペンハーゲンにあるデンマークの国立図書館であり、北欧諸国の中では最大の図書館です。(2013年現在)
デンマーク王立図書館
↑王立図書館外観(あいにく天気が悪くてあまり綺麗に写真撮れてませんが。。。)

17世紀以降デンマーク国内で印刷された出版物を全て収めているそうで、その中には歴史的に貴重なものが多数含まれるとか。過去に様々な寄贈がおこなわれたおかげで、デンマークで1482年に最初に出版された書籍を始めとして、デンマークでの全ての既知の出版物をほぼ網羅しているそう!!

この図書館は、デンマークのデザイン集団シュミット・ハンマー・ラーセンによって設計され、1999年9月にオープンしました。外壁は黒色花崗岩でできていて、水面から黒く輝くダイヤモンドのように見えることから「ブラック・ダイヤモンド」と呼ばれているそうです。
建物のなかには、お洒落なカフェ、レストラン、本屋、コンサートホール、展示室、会議室などがあり、各種イベントが開催されています。
デンマーク王立図書館4 デンマーク王立図書館6
↑図書館の1階にあるカフェ(左)&上階にある会議室(右)
 
この「図書館」と一言では言い切れないすんばらしい建築なので、デンマークの一般市民よりも観光客が図書館を見学に来る事の方が多いのではないかと思う位、海外からの観光客が沢山訪れます。(毎週ガイドツアーも開催されている様です)

見どころは沢山ありますが、私が凄いなと思っているのは「近代建築」と「伝統的な建築」を融合させている所。そう、この建物は「新館」と「本館」に実はわかれています!「ブラック・ダイヤモンド」と呼ばれている方が新館で、こちらの方が今や有名ですが、館内で繋がっている通路を抜けると旧館に抜けられるような設計になっています☆

デンマーク王立図書館3 デンマーク王立図書館2 デンマーク王立図書館5
↑新館と旧館をつなぐ通路(左)・新館館内(真ん中)・旧館(右)

旧館は1906年に Hans Jørgen Holmによって建てられたもので、その中央ホールはアーヘン大聖堂にあるカール大帝の宮殿礼拝堂を模しているそうです。

新館の館内は超近代建築~という感じで「メタルな空間」なのに対し、旧館は古き良き伝統様式を残すべく「木のぬくもり」を感じられるような構造になっています。

「過去を『過去の遺物』として埋もれさせずに、『新たな時代の1ページ』に塗り変えていく。そんなデンマーク人の哲学が、ここにも活きている」と誰かのブログに書き記してありましたが、まさにそんな建築!古きを大事にしながらも、新しいものを取り入れていく事がデンマークの人は上手だよな~としみじみと感じる建物でした♪



そしてそして、私が毎回気になってチェックしてしまうのは「トイレ!」です!笑
なぜ「トイレ」かって?それは一番最初に勤めていた会社がトイレを生産・販売する設備機器メーカーだったから♪
私はトイレ部門にいた訳ではないので、直接的にはトイレに関わる仕事はしていませんでしたが、なんか「職業病(?)」の様にどこに行ってもトイレチェックをしてしまいます。笑

どんなデザインのトイレか、どんな形・どこのメーカーのトイレが設置されているか等、こと細かに気になってしまうので海外旅行に行く度に、毎回トイレで写真を撮ってしまうのが悪い癖(*_*)さすがにトイレで公にパシャパシャと写真を撮っていると変な目で見られるので、ささっと撮影するように心がけていますが。。。そのうち変な人扱いされるのではないかといつもビクビクしながらシャッターを押しています(^_^;)笑

デンマーク王立図書館トイレ2 デンマーク王立図書館トイレ
↑館内のトイレ(右の写真は身障者用なので広いつくりになっています!)

で、恒例のごとく今回もトイレをばっちり撮影~!「えっ男の人写ってるけど?!」と思うかもしれませんが、ここは男女共用のトイレ。
「男女共用のトイレ」を日本ではあまり見かけませんがデンマークでは「男女共用」な所が結構多いです!場所を節約できるからか~男女平等の意識が高いからか~よくわかりませんが、とにかく「男も女もわけない!」という場面にデンマークにいると色々遭遇します(^_^;)
ここのトイレは清掃も行き届いていてキレイだったし、凄いデザイン的にもGood!特に水栓のデザインがスタイリッシュでおしゃれで私好みでした(*^_^*)
 
こんな素敵な場所があれば、もう少し勉強頑張るよ~って思わずおもちゃう素敵な図書館☆運河沿いに建てられているおり、カフェやレストランからの眺めも最高なので、観光の合間に一休憩いれたい時に是非行ってみてください!(^^)!
(ちなみにここのトイレは「無料」です!!有料トイレが多いヨーロッパで無料のトイレがある所を知っているのはお得♪トイレに行きたい時にもぜひ立ち寄ってみてください★笑)


*デンマーク王立図書館詳細***
住所:Soeren kierkegaards Plads 1, 1221 Koebenhavn
最寄駅:Kongens Nytorv(コンゲンス・ニュートーゥ)駅
公式HP:http://www.kb.dk/da/index.html

※参考文献:ウィキペティア(デンマーク王立図書館)
      北欧フィーカ←こちらのサイトとっても濃厚な情報満載でおススメです(*^_^*)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。