上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな授業やってます@Egmont~littleline♥Kunst og kultur~

連日エグモントホイスコーレでの生活について、記事を投稿していますが、今日は「littleline(リトルライン)」と呼ばれる授業で私が取っている「Kunst og kultur」の授業についてご紹介したいと思います。

「littleline(リトルライン)」と呼ばれる授業は現在毎週金曜日に行っており、まるまる1日の時間を使ってやる授業です。選択授業なので、どの教科をとるかは生徒の自由なのですが、授業科目はだいたい7~8科目の中から好きなものを一つ選ぶ事が出来ます!

授業はデンマーク料理を勉強するものがあったり、デンマークの自然について勉強するものがあったりと、実に様々な科目があるので、非常に面白い♪面白い科目が沢山ありすぎて、迷ってしまう程なのですが私は「デンマークのデザインが勉強したい!」と思って、留学してきているので「デンマークの芸術と文化」について勉強する事が出来る「Kunst og kultur」という授業を選択する事にしました。


この授業は選択した後は変えられない&1セメスターまるまる同じ授業を取らなければいけないので、他の選択授業に比べてだいぶ重要!1セメスター中、週に1回はこの授業を受けなければならない事になるので、この「littleline(リトルライン)」の授業選びはみんな結構慎重になって選んでいます。自分の興味のない授業をとってしまうと、毎週憂鬱になってしまうので、自分の興味のあるものを選ぶ事をお勧めします!

私が選択した「Kunst og kultur」の授業では様々な先生が、「芸術・文化」に関する事を中心に色んな講義を毎回してくれるのですが、この授業、私にとっては非常に面白い♪

何かをつくったり、美術館にお出かけしたり、毎週毎週違う事をやるのですが、今日は第一回目の授業でやった内容をご紹介したいと思います。

第一回目の授業は「みんなでブレインストーミングをしよう!」という事で、机いっぱいの大きな紙にみんなで絵を描くという授業をしました。
芸術と文化 3
↑授業中の様子

絵のテーマは「この授業に求めるもの」。「この授業で何をしたいか、どんな事を学びたいか、どんな事に挑戦してみたいかを絵にして書いてみてください」という課題が出され、みんなで1つの紙に絵を描くことに。

「なんだそれ?何書けばいいのだろー」と最初に課題の内容を聞いた時は思ってしまいましたが、「絵は下手くそで構わないし、何を書いてもいい。描く内容はなんでもいいんだよ。」と先生に言われたので、とりあえず書いてみる事に。最初はみんな綺麗目に(?)絵を書いていたのですが、それを見た先生は「綺麗に書く必要はない。ブレストだから自由に書いていいのだよ。自分の作品だけじゃなくて、人の作品の上に絵を書き足してもいいし、人の作品を消しちゃっても構わない。とりあえず、自由に感じたままに絵を書いてごらん。」と言われました。

それを聞いた後は、みんな開放されたかのように、かなり自由に絵を描き始めました。人の書いたイラストの上に、落書きを始める生徒や紙からはみ出してダイナミックな絵を書き始める生徒等、もうみんな自由~に色々やり始めている。笑 中には顔に絵の具をつけて、絵を書き始めた子もいて、「わ~デンマーク凄いな!笑」と思ってしまいました。
芸術と文化 芸術と文化 2
↑授業中の様子2

最終的に出来上がったのは、こんな作品。何を書いてあるかもうよくわからないし、数名の生徒が合作してつくったので、どこに何がかいてあるか説明するにも出来ないくらい、ぐっちゃぐちゃな絵になってしまいましたが、先生曰く、これが素晴らしい出来らしい。
芸術と文化4
↑完成した作品

なぜかというと、作品の「完成度」は求めていないから。絵を自由に描く事によって、絵を描くって楽しい!とか、描いている事によって、色んなインスピレーションを得る為のワークショップだったので、生徒たちがこの作品をつくって楽しかったなと思えれば、今回の作品作成は成功なのだそう。

小さい頃って、何も考えず、ただひたすらこんな風に無心になって絵を描くけれど、大人になるにつれてそういう事をする時間ってどんどんなくなってしまっている。。。でも、無心になって絵を描くって事は凄い大切で、モノをつくるにも、何かをデザインするにも、そういう事を積み重ねていくことが大事なのだということを、先生は今回の授業を通して伝えたかったのだとか。

確かに、大人になるにつれて、ただ無心に絵を描くってことはまずない。でも、ただひたすら書いてみたり、なにか作ってみたりすることから、いいデザインって生まれるのだなーと、先生の解説を聞いてなんだか納得してしまいました。

こんな風に何気ない課題の中にも、色んな深い意味が込められていて、私にとっては非常に面白い授業。この授業の他にも、「Kunst og kultur」の授業の中では沢山興味深い内容の事をしているので、それについては追々このブログを通してまたUPしていきたいと思います(*^_^*)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。