上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KRABBESHOLM HØJSKOLE(クラベスホルムホイスコーレ)訪問~後編~

今日は昨日掲載させて頂いた「クラベスホルムホイスコーレ(KRABBESHOLM HØJSKOLE)」訪問記の続きを書いていきたいと思います。

昨日UPした記事はこちら→KRABBESHOLM HØJSKOLE(クラベスホルムホイスコーレ)訪問~前編~

クラベスには友人が留学していたので、宿泊&授業見学をさせてもらいましたが、今日はクラベスの寮&授業の様子について記録しておきたいと思います。
クラベスホルムホイスコーレ33
↑クラベスの教室

まずはクラベスの寮について。クラベスには100名程の生徒が住んでいます。エグモントと同じく、寄宿制なので何棟か生徒用の寮が校舎の近くにあって、生徒はそこに住んでいます。私は今回友人が滞在していた、寮に宿泊させて頂きましたが、クラベスの寮はエグモントとは比べものにならない位凄いオシャレ!!寮によって、建物の年数も雰囲気も異なる様ですが、友人が住んでいた寮は近年建て替えられた新しい寮らしく、部屋の中は「えっここ学生寮か?!」と驚く程、凄いデザイナーズな感じになっていました。エグモントの寮は病院の中の様な作りなので(笑)、なんとも羨ましい限り!!さすがに部屋の中の写真は撮れませんでしたが、、、廊下等はこんな感じです↓
クラベスホルムホイスコーレ38 クラベスホルムホイスコーレ39
↑クラベスの寮の様子

ただ、ちょっと気になるのは「お風呂」と「トイレ」。お風呂とトイレは部屋にはついていないので、共用なのだそうですが、お風呂はなんと個室がなく、シャワーカーテンがついているのみ!!男女共用に使うので、男子とバッティングしてもおかしくない!!のに、シャワーカーテンだけとは少し恐ろしい。。。フォルケはだいたいお風呂&トイレは共用なので、共用な所は特に問題に感じませんが、、、せめてシャワーカーテンしかつけないのであれば、男女シャワー室を別にすればいいのにと思ってしまいました><男女平等な社会のデンマークならではの発想なのだと思いますが、ここだけは日本人からしたら嫌だろうなー。友達言わく、デンマーク人は基本朝にシャワーを浴びるので、一度もシャワー室で男子とバッティングした事はないそうですが、ドキドキしながら入らなければならないシャワーなんて、ゆっくりお風呂に入れないだろうなーと思ってしまいました(--;)
クラベスホルムホイスコーレ35 クラベスホルムホイスコーレ36 クラベスホルムホイスコーレ37
↑寮のトイレ&お風呂の様子

「授業」については、今回私は「グラフィックデザインコース」の授業を見学させてもらいましたが、授業内容は中々面白い様子。私が見学した日はグループワークを行う日だった様で、生徒たちが4~5人のグループを作って、どんなものを作るかディスカッションしていました。現在のクラベスはだいたいどのコースも1週間に1度課題が出されて、毎週その課題を1週間完結型で進めてていく様子。月曜日に課題が発表されて、金曜日には作品完成&みんなの前でプレゼンしなければならないという感じで、現在は進めていると聞きましたが、1週間でアイディア出しから、プレゼンまで終わらせるのって相当ハードだよな~と思ってしまいました><
クラベスホルムホイスコーレ18 クラベスホルムホイスコーレ17
↑グラフィックデザインコースの授業風景

ちなみに、教室の近くには「作品展示」をする為の建物があります。課題が沢山出るクラベス。課題で作った生徒の作品を毎回この展示室に飾る様ですが、小さな美術館が校内にある感じでとても素敵な場所でした。
クラベスホルムホイスコーレ22 クラベスホルムホイスコーレ23 クラベスホルムホイスコーレ21

クラベスホルムホイスコーレ20 クラベスホルムホイスコーレ19 クラベスホルムホイスコーレ40
↑「作品展示」をする為の建物の中の様子

と、ディスカッションの様子を今回は見させてもらったのですが、クラベスの学生はほとんどがデンマーク人なので、ディスカッションの内容はほぼ「デンマーク語」。デンマーク人は英語がとても流暢なので、英語が問題なく話せれば、この会話にも入っていける様ですが、、、いやー私の英語力ではとても無理だ!と改めて、この学校で学ぶ事のハードルの高さを思い知らされました。。。

この学校に入学する為には、語学のチェックをする為に、事務課の人と英語で行う「面接」みたいなものがあります。私も今回は入学希望者という事でこの学校を訪れたので、この面接を行いましたが、この面接は意外と楽勝。「クラベスをどこでどう知ったのですか?」とか「今の学校ではどんな事しているの?」、「クラベスを卒業した後はどんな事をしたい?またここで学んだ事をどう活かしたい?」というかなり簡単な質問ばかりされたので、これは問題なく話せましたが、やっぱり授業でデンマーク人と対等にディスカッションするにはかなりの英語力が必要。やっぱり語学の壁のハードルは高い。。。何を話しているのか分からなければ、授業の8割方損すると思うというのが、見学してみての私の感想でした。

でもやっている内容はとても面白そうな事ばかりだったし、生徒の作品を展覧会等で発表したり、グラフィックデザインコースの場合は、ビル等に掲示する大きな広告をつくる課題とかもあるそうなので、とてもやりがいのある課題が出来そうな場所でした。

ちなみに、この学校はこの「語学の壁」の問題がある為、日本人は毎年1~3名位しか来ないそうですが、ノルウェー人は沢山留学してくるそう!!その理由を聞いてみたところ、なんとノルウェー人はデンマーク語が8割方理解出来る&ノルウェーからデンマークに留学すると「奨励金」みたいなモノがもらえるそうです。ノルウェーとデンマークは元々大陸続きの国で、言語の大元は一緒の様子。だから発音や読み方は違えども、言葉はだいたい似ているらしく、ゆっくり話せばお互いの言葉が理解出来るのだとか。また、理由はわかりませんが、「奨励金」が政府から出るため、多くのノルウェー人たちは学校を進学先を選ぶ際、デンマークを選択する人が多いそうです。

また、クラベスを選んで入学してくるデンマーク人の半数はデザイン系の大学に進学したいと考えている高校を卒業したばかりの人なのだそう。なぜかというと、クラベスでは大学進学向けのポートフォリオを作るために、最適な様々な課題を与えて作品を作らせる為、デザイン系の大学への進学率がとてもよいというのが理由の1つに挙げられる様です。デンマーク人からすると、大学に進学する前の予備校みたいな感覚なのでしょうか。学費もデザイン系なだけあって、結構高いのですが、半年前から予約しておかないと入れない程、今は人気の学校なのだそうです。

へ~なんだか色々興味深い事ばかり。デンマークに来て、数カ月経ちますが、まだまだ知らない事が沢山あるのだなーと痛感しました。

ちなみに書き忘れましたが、朝はこんな所で「朝会」をするそうです!「えっここ集会場か?」と思う位、お城の中の様に素敵な内装の部屋。ここで毎日30分間、日替わりで先生が色々な講義をする様ですが、こんな素敵な場所で授業受けられるなんていいなーと羨ましく思ってしまいました♪
クラベスホルムホイスコーレ15 クラベスホルムホイスコーレ16
↑クラベスの「朝会」の様子

この見学を通して、「私にはちょっと入学するにはハードルの高い学校だな」と感じ、クラベスへの転校は諦めた私でしたが、クラベスはホント「デザイン」を学びたい人にとってはとても良い学校だという事も改めて感じました。

私は結局入学はしませんでしたが、「デザイン」を学びたい人にはとてもオススメの学校です。フォルケでデザインを学びたい!と思っている方は是非、候補の1つに入れてみてください(^-^)

*参考**
KRABBESHOLM HØJSKOLE(クラベスホルムホイルコーレ)HP
http://www.krabbesholm.dk/
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。