上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kalø højskole(カルーホイスコーレ)訪問

先日、友人が現在通っている「Kalø højskole(カルーホイスコーレ)」というフォルケに行ってきました。今日はその時の様子&Kalø højskoleについてご紹介したいと思います。

「Kalø højskole(カルーホイスコーレ)」デンマーク語を学ぶ為の語学学校で、デンマーク語を本格的に学べるフォルケホイスコーレとして日本人の間では、昔から有名な学校です。長年、語学教育を続けている伝統的な学校で、デンマーク語を始めたい・伸ばしたいという人には、お勧めの学校なのだそう。
カルーホイスコーレ25
↑Kalø højskole外観

私の友人も「デンマーク語をもっと話せる様になりたい!」という理由からこの学校を選んで入学した様ですが、「どの位話せる様になっているのだろうかー」と、久々に会えるのをとても楽しみに今回この学校を訪れました。

カルーホイスコーレは、デンマーク第二の都市であるオーフスからバスで約1時間位の所にあるRonde(ロンデ)という町にあります。一番近くにある栄えた町はEbeltoft(エーベルトフト)先日記事にも書きましたが、硝子工芸で有名な素敵な街です。Ebeltoftは観光に来る人もいるので、結構栄えていますが、カルーホイスコーレのあるRondeは、学校のまわりに誘惑になるようなモノが全くありません!近くのスーパーも歩いていくには結構遠い様なので、買い物も少し億劫な様子。ただ、誘惑がない分、勉強には凄い集中出来る良い環境なのではないかな~と思います(^_^;)(まるでエグモントみたい。笑)

カルーホイスコーレに着くや否や、友人に校内を案内してもらいましたが、校内の中はこんな感じ!学校の中心に食堂や教室、図書館等みんなが使う施設が集結していて、その周りを囲むかの様に、生徒用の寮が点在しています。エグモントは車椅子ユーザーの生徒向けに校内が設計されているので、1つの大きな建物に色んな教室&寮が集約されているので、建家が分かれていたり、階段が多いのはなんだかとても新鮮な感じがしました。
カルーホイスコーレ27 カルーホイスコーレ24 カルーホイスコーレ22

カルーホイスコーレ12 カルーホイスコーレ20 カルーホイスコーレ23
↑学校の校舎の様子

カルーホイスコーレ29 カルーホイスコーレ2 カルーホイスコーレ14
↑図書館&共有スペースの様子

教室の他にも生徒たちが自由に使えるプレイルーム(ビリヤードとかその他アクティビティが出来る部屋)やテレビ室が設置してあり、とても快適な様子。
カルーホイスコーレ11 カルーホイスコーレ10 カルーホイスコーレ8
↑プレイルームの様子

寮の中も見せてもらいましたが、各寮にはミニキッチンがついていて、料理も自由に出来るし、トイレ&バスは共有ですが、ちゃんと個室になっているし、特に困る事なく生活出来るしっかりとした設備が整っていました。
カルーホイスコーレ28 カルーホイスコーレ26 カルーホイスコーレ13
↑寮の中の様子

特に私が羨ましいな~と思ったのは、部屋にある机が大きい事!!語学学校という事もあり「机に向かってする勉強」の事を考えて設計されている様でしたが、それに比べてエグモントは簡易机しかない。。。笑 いつも小さな机にモノが溢れかえってしまい、とても使いづらい思いをしているので、こんなに大きな机があるのは凄い羨ましいな~と思ってしまいました(^_^;)(※部屋によって、間取りや家具、机の大きさは異なる様です)
カルーホイスコーレ21
↑寮に設置されている勉強机

またこの学校に来て、ビックリしたのは校舎の隣にブタが沢山いた事!「なんでブタ?!」と最初はかなりビックリしましたが、ここは敷地内に「農業学校」も併設されているのだそう。農業学校の学生達が、このブタちゃん達の面倒を見ている様ですが、学校にブタがいるなんて、凄い光景だな~と思ってしまいました。
カルーホイスコーレ18 カルーホイスコーレ19
↑校内にいたブタ達

その他にもこの学校にはユニークな特徴があって、敷地内になんと「幼稚園」まで併設されています。校舎の裏に「森」があるのですが、この幼稚園に来ている園児たちはこの森でいつも遊んでいるのだとか。その証拠になんと森の中に「トイレ」が完備されていました。とっても可愛らしいトイレだったけれど、これじゃ丸見えじゃないか!笑 ちゃんとトイレットペーパーがついている辺りがちゃんと実際に使用されているという事を物語っていました。
カルーホイスコーレ15 カルーホイスコーレ16 カルーホイスコーレ17
↑校舎の裏にある「森」

と、施設の事だけでも色々と驚く事が沢山あったカルーでしたが、驚く事はそれだけじゃなかった。。。この学校、なんと現在は1人もデンマーク人の生徒がいません!!少し前までは、英語コースとデンマーク語コースがあり、デンマーク人も半数位、在籍していた様ですが、現在はなぜか英語コースが廃止され、デンマーク語のコースの授業のみが行われているそう。

現在は主にデンマークに来ている「移民」の人達が来ているそうで、この移民たちも、タンザニアやシリア、ブルガリア等色んな国から来ている外人さんなので、みんな言語が違います!!でも、移民の人たちはデンマークで仕事をgetする為に、デンマーク語が必要なので、生活の為にここに勉強をしにくる人が多いのだそう。

最初はみんな言語も違うし、英語もままならない人が多いそうですが、デンマーク語の先生はとても教え方が上手らしく、言葉がわからない人相手でも、デンマーク語を教える時は、デンマーク語しか使わないそうです。ジェスチャーを使って、体で言葉を表現して生徒に伝える事が多く、それを見て、生徒はどんどん単語を覚えていくのだとか。

実際に私の友達もここで2ヶ月しか勉強していないにも関わらず、ベーシックなデンマーク語は話せる様になっていて、凄いビックリしました!たった2ヶ月で、あんなに難しい言語がこんなにペラペラ話せる様になるのか?!と驚いてしまう位、普通にデンマーク語で他の生徒たちと会話していたので、かなり衝撃でした。

移民の他にもドイツ人等、近隣諸国のヨーロッパ人も少人数ではありますが、来ている様子。特にデンマークが親会社の会社に勤めている人や、会社のお得意先がデンマークで、業務でデンマーク語が必要な会社の人等が、会社から派遣されてこの学校に来たりする事もあるよう。私の友人もここでドイツ人の友達が出来たと、嬉しそうに話していました(^^)

と、言ってもヨーロッパ人の人はごくわずかしか来ないので、、、食堂は黒人だらけ!笑 今回ごはんも一緒に食べさせてもらいましたが、「私どこの国にいるのだろうか?」と一瞬思う程、食堂の中は黒人だらけなので、なんだか不思議な感覚に陥ります。デンマークの学校なのに、デンマーク人がいないって何だかとっても変な感じ(^_^;)
カルーホイスコーレ5 カルーホイスコーレ4 カルーホイスコーレ6
↑食堂の様子

ちなみに朝食はこんなものが出ていました↓
カルーホイスコーレ3
↑朝食に出ていた朝ごはん

友人も最初ここに来て、この光景を見た時はビックリしたし、入学当初はお互いの言葉が分からず、コミュニケーションも取れなくて、凄く辛かったと言っていましたが、ある程度、デンマーク語のレベルがみんな上がってきた今では、デンマーク語で色んな話が出来るのでとても楽しいと言っていました♪

2ヶ月という短期で、これだけデンマーク語が話せる様になってしまう授業ってどんな授業なのだろうか、と凄い興味が湧き、せっかくだから授業も見学して帰りたかったのですが、今回は週末を利用して、見学に行ったので、授業風景は見れず残念><

ただ、デンマーク語を学ぶ為にはとても良い学校だという事だけは、全身で感じる事の出来る学校でした。


デンマーク語を本気で勉強したい方にはとても最適な学校の様。デンマーク語の語学学校に入学を希望している際は、ここも是非検討してみてください。(※但し、レベルはビギナーズレベルです。中級レベル以上になると、物足りないような内容の授業なのだそうなので、デンマーク語初級レベルを学びたい人にお勧めの学校です)

(※デザインの学校ではないのですが、、、「学校」なのでカテゴリは「DesignSchool@Danmark♥ 」に入れておきます)

*参考**
kalø højskole(カルーホイスコーレ)HP
http://www.kalohojskole.dk/Sidevalg.html
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。