上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が「デンマーク」を選んだ理由~前編~

今年の8月からデンマークに来て、早2ヶ月!
私はデンマーク国内にある「Egmont højskolen」というフォルケホイスコーレという全寮制の学校に来ています。ここは「障害者と健常者がともに学ぶ」というフォルケの中でもとてもユニークな学校です。

私はここでの生活を基盤に「建築」「福祉」「デザイン」について学んで行く予定なので、このブログもきっとここでの生活の内容の記事が多くなるかと思いますが、、、まず最初に書いておきたかったのは「なんで留学先としてデンマークを選んできたか」という事!今日はそのお話を少し書いておこうかと思います。


海外旅行に始めていったのは、大学1年生の時。その時は確かお隣の国韓国とかだったけれど、はじめて見る他国の文化の違いや習慣の違いを目の当たりにして凄いカルチャーショックを受けたのを覚えています。2~3日の短期間の旅行だったけれど、この時体験した日本と他国文化の違いが自分にとってはすごく興味深くて「海外にもっともっと行ってみたい!」と思ったのが私の人生を大きく変えた経験でした。

その後大学時代はアルバイトをしまくってはお金を貯めて、海外旅行に行きまくるという生活を続け、気づけば4年間で約20カ国の国を渡航!大学生の時は「まだ行った事のない国に行く」というのが楽しくて楽しくてしょうがなかったな~♪

そんな大学生活を送っているうちに芽生えた1つの目標は「海外に長期留学する」という事。
単に「海外に長く住んでみたい」、「もっと英語が出来るようになりたい」という誰もが考えそうな理由ももちろんあったけれど、私の場合は「インテリアデザインを勉強しに行きたい」という志望動機が根本にはありました。

当時大学ではプロダクトデザインを専攻していて、専門は「UD(ユニバーサルデザイン)」。
特にUDの研究がしたい!!という訳ではなかったけれど、お世話になっていた先生がスウェーデンの住宅の研究をされていた関係もあって、先生のやっている研究がとても興味深く、「スウェーデン」という国が私にはとても魅力的だった。留学するのがそんなに珍しくなくなった今、イギリスやアメリカに行くのは一般的過ぎて自分にとっては意味がないと思っていたし、「インテリアデザイン」を勉強しに行くなら「北欧デザイン」で有名な「スウェーデン」がいいな~と漠然とながらに思っていました。

「えっ、デンマークじゃないじゃん!」って思う方もいるかもしれませんが、、、そう、最初はデンマークに渡航する気は全くありませんでした(^^;)むしろ「デンマークって何処?」位なレベル。笑

そんなこんな考えている内に、とりあえず長期留学するならやっぱり「英語」は最低限できなきゃ!と思い、夏休みや春休みを利用してイギリスやフィジーに短期留学しました。短期留学こそ出来たはいいものの、海外の大学院や専門学校に行ける程のお金なんて当時はなく、特にこれを勉強したい!!という研究テーマもなかったので、なくなく大学卒業後は一般企業に就職。就職先は運良く結構大手の会社で、海外との取引もある会社だったので、会社に在籍しながら仕事関係でいつか何処かに留学させてもらおう♪そんな野心を持ちながら、普通に社会人として働いていました。


とこの続きを書くと長くなりそうなので、、、続きはまた次回☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。