上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターフロント再開発エリア「フィヨルドシティ(Fjordbyen)」

4月の中旬から連日、私がイースター休暇中に訪れたノルウェー・オスロのお勧めスポットをご紹介してきましたが、今日はオスロ特集最終回☆という事で、今日はウォーターフロント再開発エリア「フィヨルドシティ(Fjordbyen)」についてご紹介したいと思います。
オスロ港9
↑オスロの港の様子

「フィヨルドシティ(Fjordbyen)」とはオスロの都心部に隣接した港湾など、オスロフィヨルド湾奥のウォーターフロント地区を再開発する計画の事で、1980年代から現代にかけて、様々な開発がオスロのウォーターフロント地区では進められています。

1980年代、オスロ市庁舎の西にあった造船所跡を利用したウォーターフロント開発であるアーケル・ブリッゲ(Aker Brygge)建設が始まり、1990年代には繁華な地区として再生されました。続いて、2000年代からはオスロ中央駅の海側一帯を再開発するビョルヴィカ(ビョルヴィーカ、Bjørvika)再生計画と、アーケル・ブリッゲのさらに海側を再開発するチューヴホルメン(Tjuvholmen)再生計画が進行中。残るオスロ中心部の海辺の再開発は2010年代以降に着手されることになっており、オスロ港の中心はソルハヴナ地区(Sørhavna)へ移転される事になっています。(by ウィキペディア)
オスロ港8 オスロ港7 オスロ港6
↑港周辺の様子

オスロに訪れるまで、私は「フィヨルドシティ(Fjordbyen)」の事を全く知らずにきたのですが、オスロの港は今、この計画のおかげ(?)で近代的な建物が続々と建設されている真っ最中!開発中の事を知らずとも、「港が凄い開発されているのだな~」と一目見ればわかる程、現在色々な所で工事が行われていました。
オスロ港4 オスロ港13 オスロ港10
↑開発地区の様子(ここはもう既に工事が終わり、高層ビルが建っている所でした☆)

私は今回「チューヴホルメン(Tjuvholmen)地区」という所を中心に散策してきたのですが、ここには集合住宅と商業施設が建ちならび、かなり近代的な建物が立ち並んでいました。特にここにあった集合住宅はデザインや色も奇抜なものが多く、見るからに高そう~!笑 六本木とかにある高級住宅街のような作りになっていて、とても素敵だったけれど、住むには凄い敷居が高いのだろうな~と思ってしまいました><
オスロ港19 オスロ港16 オスロ港17 

オスロ港15 オスロ港20 オスロ港11
↑チューヴホルメン(Tjuvholmen)地区の様子

他にもこの近隣にあったアーケル・ブリッゲ・ショッピングセンターによってみましたが、残念な事にイースター休暇中だった為、全然お店がやっていない!!笑 「せっかくノルウェーにきたのだから、ノルウェーサーモンは食べたい!」と思って食べれるお店を探したのですが、約50軒程、ショップやレストラン・カフェが普段は並んでいる所なのに、開店していたお店はなんと4~5軒><ぎょえーという感じでしたが、せっかくなので、1軒のレストランに入ってみる事にしました。
オスロ港5
↑レストラン前の様子

レストランの雰囲気はいいし、外は港越しに海が見えて最高の立地だったのですが、メニューをみて、かなりビックリ!ノルウェーは物価が高いと聞いていましたが、料理の値段が本当に高い!そんなに高級なレストランに入った訳でもなかったのですが、一番安いパスタでも3000円超えの値段でした。ぎゃー (;゚Д゚)!貧乏学生にとってはかなり痛い出費でしたが、せっかくなので、「サーモンパスタ」を頼むことに☆出てきた料理は凄い盛りつけも綺麗だし、味もとても美味しかったけれど、これが3000円、、、と思うと、ノルウェーで生活していくのは無理だなと改めて痛感しました(^^;)
オスロ港21 オスロ港22
↑レストランの中&食べたサーモンパスタ

ごはん後は、レストラン街を抜けて「テューヴホルメン(juvholmen)地区」という地区を散策。ここは開発が終了間近の地区となっており、今後さらなる集合住宅や商業施設が建設予定の場所なのだそう。2012年9月に現在の場所に移転してオープンしたアストルップ・ファーンリ現代美術館はこの地区の有名な観光スポット☆今回は中にはいる事は出来ませんでしたが、、、外観建築もとても美しいし、周りにはフィヨルドを見渡すことができる小さな彫刻公園があり、見渡しが良かったので、とてもお散歩するには良い所でした。このエリアの一部は子どもたちなどがフィヨルドで遊べるように砂場となっており、夏には大人も水着を着て日光浴を楽むそうです。こんな所で水着を着ながら日光浴。。。ヨーロピアンらしからぬ発想だな~と思いました(^^)
オスロ港14
↑テューヴホルメン(juvholmen)地区の様子

まだまだ開発が進むオスロの港。数年後、数十年後に来たらどんな街に変わっているのだろうかと、今後の街の発展がとても楽しみになるような場所でした。
オスロ港 オスロ港2 オスロ港24
↑港の周りの様子(こんな風に凄いのんびりとした雰囲気が漂っていて、とても素敵な場所でした)

と、今日で少しの間、連載を続けていた「ノルウェー・オスロ」の特集は終了しようと思います!(もう大体のお勧めスポットを紹介してしまったので。。。)今後も、どこかに出かけた際は、このブログを通してお出かけ先のお勧めスポットをご紹介していこうと思います☆彡

*参考**
ウィキペディア:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A8%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3
All About 旅行:http://allabout.co.jp/gm/gc/420497/
Municipality of Oslo (2008年):http://www.prosjekt-fjordbyen.oslo.kommune.no/getfile.php/fjordbykontoret%20(FJORDBYEN)/Internett%20(FJORDBYEN)/Dokumenter/dokument/tfc_2008.pdf
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。