上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな授業やってます@Egmont~Glas~

今日は久々に私が在学している「エグモントホイスコーレ」の授業紹介をしたいと思いますが、今日紹介する授業は「Glas」の授業☆
グラス
↑硝子の部屋(アトリエ?)にある「Glas」のオブジェ

この授業はその名の通り、「Glas(硝子)」を使って硝子工芸を学ぶ事が出来る授業!「学ぶ」というよりは、基本的なやり方を教えてもらって、自分たちが好きな作品を勝手に作るというスタイルの授業なのですが、これがまた楽しい~♪

学校には「硝子の部屋(アトリエ?)」があり、ここで毎回授業を行います!この部屋には素敵なものが沢山~☆硝子工芸につかう、硝子の材料が沢山あったり、制作に使う道具があったり、なんといっても素敵なのは、部屋一面に生徒が作った作品が飾ってあること!主に生徒の作品を写真で撮影して、それをプリントアウトした紙が貼ってあるのですが、硝子本物を飾っている所もあるのですごいオシャレな空間となっています(^-^)壁だけでなく、部屋の至る所に、今までこのクラスを受講していた生徒の作品が沢山おいてあるので、これを見るだけでも凄い楽しいかも?!
グラス4 グラス2 グラス11
↑硝子の部屋(アトリエ?)の様子

制作に使う「材料」のガラスも色んな種類があってかなりびっくり!ステンドガラスを作成する時につかう、大きなガラスの板もあれば、とんぼ玉等を作成する時につかう、ロングサイズのガラスがあったり、また小さなパーツをつけたい時に使う細長いガラスがあったり、とホント様々な形&材質のガラスがあって驚きでした(@_@。
グラス10 グラス7 グラス5 
↑教室内にある硝子達☆色んな種類がありますー(^^)

制作はガラスを好きな形にカットして、それをレイアウトし、硝子専用のオーブンで焼いて、完成☆という、かなり単純な工程なので、慣れれば誰でも簡単につくる事が出来ます♪
グラス13 グラス15 グラス12
↑カットした硝子&専用のオーブン

障害がある生徒には「アシスタントティーチャー」という人がついて、生徒の代わりに手を動かして、作品を作ってくれるので、障害者の子も楽しく作品作りをする事ができちゃう♪もちろん、デザインは自分で考えなきゃいけないので、発想力が大事ですが、、、自分の考えたデザインが形になっていくのはとても面白いものです( ´艸`)
グラス3
↑授業中の様子

私は日本で「ステンド硝子」を趣味でやっていたので、硝子のカッティングには凄いなれていたのですが、、、ステンドとはまた違った手法の作り方に最初は苦戦。。。特に「硝子専用のペンチ」は始めて使ったので、上手く使うコツがわからず、最初は凄い苦戦しましたが、慣れてだいぶ使えるようになってからは凄い楽しく作業を進める事が出来ました♪

今回は「花柄の鍋敷き」をはじめ、カラフルな壁掛けオブジェ等多数の作品を作成してみましたが、、、焼き上がりがどんな風になるか楽しみ♪
グラス14
↑作成中の作品

ただ四角や三角の形を作るだけでなく、人の形や文字、ハート型、お皿等も作れてしまうので、何か物作りをするのが好きな人&ガラスが好きな人には凄い面白い授業だと思います( ´艸`)
グラス17 グラス18 グラス19
↑生徒が作った作品達

グラス9 グラス8
↑教室前の中庭にも、生徒が作った作品が飾ってあります(*^_^*)


この授業は選択授業なので、自分が希望すれば受講する事が出来ますが、この授業が選択授業に含まれていない年もあるので、、、確実に受講できるとは限らないようです><

しかし!毎年人気の授業でとてもお勧めな授業なので、エグモントに来た際は是非チェックしてみてください(^-^)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。