上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな授業やってます@Egmont~環境問題②~

今日の記事で、私が在学している「エグモントホイスコーレ」で受けている「環境問題」の授業について取り上げさせて頂きましたが今日はその続き☆(前回の記事はこちら

昨日は「ゴミ処理場」の見学に行った時のレポートを書かせて頂きましたが、ただ「見学」して楽しかったねーで終わらせてくれないのがエグモントの授業><!見学後は私達が見学して見てきた事・勉強した事を、この授業を受けていないエグモントの学生達に伝えよう!というミッションが与えられ、授業を受けていたメンバー全員でディスカッションを行いました。

デンマーク人達は意見を述べるのが上手&どの生徒も率先して自分の意見を言うのが当たり前なので、「どんな意見がありますか?」と先生が一言言うやいなや、周りからハイハイハイハイと挙手する生徒がわんさか。この光景、日本ではありえないけれどデンマークではごく自然です。日本では自分の主張をあまりしない、周りに合わせるというのが美徳とされる事も多くありますが、デンマークでは逆。自分の意見を何も言わないと「何で意見を言わないんだ。話聞いてなかったのか?」と言われます。「別に話聞いてなかった訳じゃないんだけど、、、」と思うものの、「で、あなたの意見は?」と言われるとすぐに言えないのが日本人。こういうところでも凄く文化の違いを感じました。。。

とだいぶ内容がそれましたが、ディスカッションする中で色んな意見が出ましたが、最終的には「いつも食堂で出ている残飯の量を調べて、それを目で見てわかるオブジェにして食堂に飾ろう」という事になりました。
バルーン作成
↑オブジェ作成中の様子

「STOP MAD SPILD(食べ残しをやめよう)!」がテーマとなり、これを伝える為にオブジェを作る事に。どんなオブジェを作るのかと思いきや、なんとオブジェ制作に使うものは「ゴミ袋」。「えっなんでゴミ袋?!?!」と最初は不思議に思っていましたが、、、よくよく聞くとこの大きさのゴミ袋×数十個分の量の食べ残しが毎日エグモント校内で捨てられているらしく、「これだけ毎日食べ残しのゴミが出ているんだよ!」という事を視覚的にわかる用にこれを使ってオブジェを作ることになったそうです。
バルーン作成2 バルーン作成3
↑オブジェ作成中の様子その2

はーどんなオブジェが出来るんだろかとか思っていたら、、、完成したのはこれ!ちょっとこれは作ってから1日後に撮影した写真なので、だいぶ空気が抜けてしまっていますが(笑)、「STOP MAD SPILD(食べ残しをやめよう)!」と書かれたポスターをつけた周りに大きなゴミ袋が沢山くっつけられて、何とも斬新なオブジェが完成していました。
バルーン作成4 バルーン作成7 バルーン作成5
↑作成したオブジェ(ポスターに日本らしいメッセージも書いてみました♪笑)

何も知らない人は突如食堂のど真ん中に現れた変なオブジェにビックリしていましたが、内容を聞かされると「へーこんなに毎日残飯が出ていたんだ!」と結構興味深々に見てくれていたようです。結局空気をいっぱいに入れたはずのゴミ袋が1週間も立たないうちにしぼんでしまい、オブジェ自体がゴミの用になってしまったので、1週間で撤退させられてしまいましたが(笑)、オブジェ効果でこの週の食べ残しの廃棄量は少し減ったとか!何事も意識すれば少し変わるものなのですね~!ゴミの量なんて普段考えたりもしないけれど、少しの努力で減るのだから、毎日もう少し意識しなきゃいけないなーととても考えさせられる授業でした☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。