上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖に浮かぶ古城「Frederiksborg Slot」

今日は「コペンハーゲン郊外にあるお城」特集の2日目!という事で、コペンハーゲン郊外にある観光地として人気の高いお城を紹介していきたいと思いますが今日ご紹介するのは湖に浮かぶ古城「Frederiksborg Slot(フレデリスクボー城)」
IMGP4474.jpg
↑フレデリスクボー城外観

ここはHillerød(ヒレロズ)という場所にある城で、16世紀中頃にクリスチャン4世の居城として建築されました。元の城はフレゼリク2世により建設されており、現在の城はスカンディナヴィアで最も大きなルネサンス様式の宮殿となっています。

宮殿はパラス湖に浮かぶ3つの小島の上に位置しており、城を囲む湖の対岸には、フランスの造園を見習って作られた見事なバロック様式の大きな庭園があり、ここも見所の一つとされています。現在は国立歴史博物館となっており、多くの観光客が訪れるコペンハーゲンの中でも有数な観光地となっています。

ここも少しコペンの中心からは遠いので、、、私はバスツアーを利用して行きましたがこのお城、外観から凄い綺麗でなんだかおとぎ話とかに出てくるお城みたい☆
IMGP4469.jpg
↑フレデリスクボー城外観2

中に入ると入口を入ってすぐの所にこんなお姉さんの肖像画を発見。「IPadを使って何かできるよ!」という事を示している様ですが、、、何の広告があまり良くわからなかったな(^-^;笑
IMGP4478.jpg
↑IPadを持ったお姉さんの肖像画

と思いながら中に入ると、入口付近からあなり圧巻される内装が登場!壁から天井から何かすべてに凄い装飾がされていて、ルネッサンス様式のデザインが前面に押し出されている感じ。ゴージャスできらびやかな内装は入口から始まっていました。
IMGP4480.jpg
↑入口付近の内装

中に入ると大きな教会が出現。教会の綺麗さに思わず目を奪われると共に、教会についていたステンドグラスや壁についている装飾品等がとても綺麗で、何時間見ていてみ飽きない様な作りになっていました。
IMGP4488.jpg IMGP4483.jpg IMGP4493.jpg
↑教会の中の様子

IMGP4488.jpgIMGP4487.jpg IMGP4489.jpg 
↑教会の中にあったステンドグラス

また奥にどんどん進んでいくと、貴重な装飾品や絵画、宝物などがそれぞれの部屋に展示されているので、どの部屋も見所満載☆豪華な装飾が施されていたり、貴重な絵画や宝物が至る所に散りばめられたインテリアは建物を一層引き立てるように美しく配置されていました。
IMGP4500.jpg IMGP4512.jpg IMGP4505.jpg

IMGP4521.jpg IMGP4513.jpg IMGP4515.jpg
↑城内の様子(インテリアが凄い綺麗でした!)

またここのお城の周りにある湖では、夏の間だけ「遊覧船」が運行しており、町の中心から湖の対岸までを15分ほどで結んでいるので、これに乗って外からお城を堪能するのもオススメ。今回は時間がなくて出来ませんでしたが、、、もしもう1度来る機会があればこれに乗ってみたいなーと思いました。

郊外には有名なお城が3つありますが、私はここが一番!と思うほど、素敵なお城だったので、郊外のお城巡りをする際は是非ここを訪れて見てください。

*フレデリスクボー城詳細**
ウィキペディア:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E5%9F%8E
文化財庁HP:http://www.slotte.dk/index.php?id=25411
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。