上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Egmontの行事♡~修学旅行・準備について~

昨日エグモントホイスコーレの「修学旅行」について簡単に概要を説明させて頂きましたが今日から実際の修学旅行中の様子や行く前の準備について数日間に分けて書いていきたいと思います。

初日の今日は秋コースの修学旅行の準備について。
秋コースは8月の第二週位から始まるのですが、来てまだ数週間も経ってない8月の終わり頃にいきなり「修学旅行」のガイダンスが始まります!笑 なぜこんなにガイダンスが早いかというと、秋コースの修学旅行は9月中旬頃(秋コースが始まってから約1か月後)位に毎年行われているから。秋コースは8月~12月までとかなりショートなコースの為、修学旅行やその他の行事もかなりタイトにスケジュールが詰まっているのです。。。(~_~;)

まず、教養(全員が参加する授業)の時間に修学旅行のガイダンスをする時間が設けられ、今年の渡航予定地が発表されます。そして、各渡航地ごとに引率を担当する先生がパワーポイントやスライドショーをつかって、このコースを選択するとどこに行けるとか、どんなことが出来る等、写真や映像をつかって、プレゼン?のようなことをしてくれます。その後、生徒たちはそのプレゼンをもとに、行きたい渡航先(コース)を決めて、第一希望から第三希望までをアンケート表みたいなものに書いて先生に提出。その数週間後、自分が修学旅行で渡航する場所(コース)が、決まります。
IMGP8162.jpg
↑修学旅行のガイダンス授業の様子


渡航先は基本的に生徒が自由に選べる!のですが、ハンディキャップの生徒のアシスタントをしている学生は基本的に「ヘルパー」として雇われている身なので、原則ヘルプを担当しているハンディキャップの生徒の希望に合わせないといけません。が、何だかんだお互いの希望を聞きあって、行きたい場所を調整することも可能なので、そこは担当の先生と一緒に話し合って渡航先を決める人が多いようです。

私も秋コースは日本人のハンディキャップの女子生徒のアシスタントとして在籍していたので、修学旅行はもちろん、彼女と一緒の渡航先に行く事になりました。この時は彼女が「チェコ」に行きたいという希望があったので、私はヘルパーとして同行する為、「チェコ」に行くことに!「チェコ」のコースはチェコの首都である「プラハ」の散策や郊外にある大自然を満喫するコースだったのでとっても楽しそう☆でしたが、、、学校の外、しかも海外で、ハンディキャップの方のトイレの介助や就寝介助、その他のヘルパー業務がちゃんとこなすことが出来るか超心配。。。だけど、ベテランの先生方がついているから大丈夫か!と思いきやそれは大きな間違いだった。。。(笑)

チェコ修学旅行中の様子は明日書こうと思います。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。