上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業旅行inバルト三国&ポーランド~ラトビア(リガ)~

先日から私が卒業旅行で訪れた都市やお勧めのスポットをご紹介しておりますが、今日から数日間は国を変わってバルト三国の中で最後に訪れた「ラトビア(Latvia)」の首都「Riga(リガ)」のお勧めスポットについてご紹介したいと思います。
IMGP4012.jpg
↑リガ市内の風景

まずラトビアについて少し触れておこうと思いますが、ラトビアはヨーロッパ北東部のバルト三国の中央に位置し、北海道よりやや小さいほどの国土に、約230万人の国民が暮らしている国です。

500kmにわたる海岸線には多くの沼や河川、森などの自然が残され、バードウォッチングも人気なのだとか。特に中世の面影が色濃く残るリガ旧市街の歴史地区は世界遺産に登録されているおすすめの観光名所となっており、バロック、アールヌーボー建築が多数現存しています。

首都リガはバルト海に面した港町で、その美しさはしばしば“バルト海の真珠”、“バルトのパリ”とも例えられています。

また長い歴史の中で数多くの民族・国家による征服統治を経験したことから、様々な建築スタイルの建造物が入り乱れていることも、この街の魅力の一つだとされています。

そんなリガ市内を1日だけではありましたが、私も散策したので私が実際に訪れた場所について明日より数日間に渡って記録をしておこうと思います。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。