上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマーク最古の街「Ribe(リーベ)」

今日は久々にデンマークのお勧めの都市について、ご紹介しようと思いますが、今日ご紹介するのは「リーベ(Ribe)」。ここは街の端まで数十分あれば歩けてしまうほどの、小さな街なのですが、「デンマーク最古の街」と言われており、その歴史は8世紀まで遡るそうです。
IMGP3057.jpg
↑リーベの様子

こんな小さな街なのに、観光客はちょこちょここの町にやってくるのですが、それは、この町がアンデルセンのおとぎ話に出てきそうなくらい可愛らしい家々と街並みが残っているからではないか?と思う位、とっても素敵な街並みが残っています。
IMGP3059.jpg IMGP3061.jpg
↑街中の様子

赤レンガの屋根にカラフルか壁の小さな家々が並んでいる様子はおもちゃの家みたでとっても可愛い♪
IMGP3058.jpg IMGP3060.jpg
↑街中の様子2


この町は中心地にある、リーベ大聖堂を中心に家々が立ち並んでいるのですが、大聖堂につながる道が、ショッピングストリートになっており、可愛い雑貨のお店やレストランなどが並んでおり、歩いているだけでも結構楽しめます♪

特に、ここにある雑貨屋さんが私は凄い気に入ってしまい、、、リーベがとてもお気に入りの街になってしまいました(*^_^*)

小さいながらも魅力が沢山の街なので、是非リーベ近郊に行った際は立ち寄ってみてください。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。