上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマークにある数少ない世界遺産「イェリング墳墓群(Jelling Mounds, Runic Stones and Church)」

今日はデンマークの「世界遺産」についてご紹介しようと思いますが、今日ご紹介するのは「イェリング墳墓群」。

イェリング墳墓群(Jelling Mounds, Runic Stones and Church)は、デンマーク、ユトランド半島中部のイェリング近郊で発見された ルーン文字の刻まれた10世紀の石碑で知られる墳墓群で、石碑はデンマークの国家の起源を示す貴重な文字資料であり、 1994年に世界遺産に登録されました。(Byウィキペディア)
IMGP2848.jpg
↑イェリング墳墓群の周辺の様子

この遺跡について、詳しいことは参考資料(下リンク)をみて頂きたいと思いますが、この石碑はデンマーク王国の歴史の始まりとされる記録が書かれてあることから、歴史的にもとても貴重な資料とされています。

私はここを学校の授業で訪れましたが、イエリング(Jelling)は都心からとても遠い辺鄙な場所にある為、観光客が行くには中々行きずらい!!

私の住んでいたオーフスという町からも1時間以上かかる場所にあったため、みんなでバスに揺られ、長旅しながら行きました。

イエリングに到着すると、ビックリなことに、世界遺産なのにもかかわらず、石碑のある場所以外はなにもなーい!笑 のどかな平野にポツンと石碑とその前にある教会、そして少し離れたところに石碑にかんするミュージアム?みたいなところがあって、それがあるだけで終わりです。笑
IMGP2837.jpg IMGP2842.jpg
↑イェリング墳墓群の周辺の様子2

石碑も今は、劣化するのを防ぐために大きなケースのようなもので囲われており、触ったり、ケースをとって写真を撮ることは出来ないのですが、、、自分の体程、大きな石には何やら色んな文字(古代の文字なので読めないですが)や模様のようなものが書かれていました。

その石の前には小さな教会が建っていて、その中には一般の人も入れるようになっています。教会は真っ白くて可愛らしい小さな教会なのですが、中には大きなパイプオルガンと豪華な飾り?があってとても綺麗でした。

そしてここを眺めることが出来るような位置に大きな山のようなものが、目の前に2つあります。南の塚と北の塚と呼ばれており、ここには墓室もあるみたい。登るのは結構大変でしたが、、、上から景色を眺めるととても見晴らしがよくて、気持ち良い~位、デンマークの平野を見渡すことができます!(^^)!

少し歩いたところに、歴史博物館もあり、一般の方も入れるようになっているので、イエリングに行った際は是非足を運んでみてください。
IMGP2834.jpg IMGP2832.jpg IMGP2831.jpg
↑近隣にある歴史博物館

参考文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%A2%B3%E5%A2%93%E7%BE%A4

http://www.ab-road.net/europe/denmark/copenhagen/guide/00190.html

http://www.runsten.info/runestone/danmark/jelling/

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。