上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12世紀のゴシック形式の大聖堂「オーデンセ大聖堂」

今日から昨日お伝えした通り、デンマーク第三の都市「Odense(オーデンセ)」にあるお勧めスポットをご紹介したいと思いますが、今日ご紹介するのは「オーデンセ大聖堂」。

ここは別名「聖クヌート教会」とも呼ばれており、12世紀のゴシック形式の大聖堂です。「Claus Berg」という職人作の300個の像が並ぶ1520年代の金箔の施された祭壇が自慢で、祭壇の下には聖クヌートと弟のベネディクトの遺骸が安置されています。
IMGP1614.jpg
↑大聖堂内の様子

「聖クヌート」とは1080~1086年に実在したデンマーク王様で別名「クニトリンガ(デンマーク王家)」と呼ばれています。彼が王様として君臨していた当時、彼の暴君のせいで国はあれ、悪政と重税に絶えかねた農夫達が蜂起しこの教会の近くにある聖アルバニ教会にミサに出かけている時に祭壇で殺害したと言われているのだそう。(参考文献)
IMGP1590.jpg IMGP1611.jpg IMGP1613.jpg
↑大聖堂内の様子2

殺害された人の教会の割にはすごいなーと思ってしまうほど、教会の中はとっても綺麗で、白を基調とした12世紀のゴシック形式を見ることのできる貴重な建物です。

オーデンセの町の中央にある為、アクセスも良好!オーデンセに行った際は是非足を運んでみてください☆

参考文献:
http://www.runsten.info/viking/den/stknut.htm
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。