上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンデルセンが2歳から14歳までの幼年期を過ごした家「H. C. Andersens Barndomshjem」

今日もデンマーク第三の都市「Odense(オーデンセ)」にあるお勧めスポットをご紹介したいと思いますが、今日ご紹介するのは「H. C. Andersens Barndomshjem(アンデルセン子供時代の家)」。

ここはアンデルセンが2歳から14歳までの幼年期を過ごした家とされており、実際にアンデルセンが住んでいたというとても貴重な建物です!
IMGP1607.jpg
↑アンデルセン子供時代の家の様子

とても小さなお家でキッチンやリビングと狭い部屋が1室あるだけなのですが、そこに家族全員が住んでいたと言われています。当時は父親が靴修理業を営んでおり、一家の生活が楽ではなかったことが偲ばれる現存する貴重な建物とされており、アンデルセンファンをはじめ、オーデンセを訪れる多くの方がここを訪問します。
IMGP1608.jpg IMGP1601.jpg IMGP1600.jpg
↑アンデルセン子供時代の家の様子2

1800年前半当時のオーデンセの町の様子や、アンデルセン自身が両親に宛てた直筆の手紙など、貴重な資料が残っていて、とても見ごたえのある場所となっているので、オーデンセを訪れた際は是非行ってみてください。

参考文献
http://tabisuke.arukikata.co.jp/os/r/104/r/10208/r/ODE/1/OverseaSpot/4091/p/1/

http://tokuhain.arukikata.co.jp/copenhagen/2010/10/post_33.html



*オーデンセガイド
https://kaumo.jp/topic/36429
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。