上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリングの名所「コリング城ミュージアム(Museet på Koldinghus)」

今日は昨日お伝えした通り、デンマーク第七の都市「Kolding(コリング)」にあるお勧めスポットをご紹介したいと思いますが、今日ご紹介するのはコリングフスこと「コリング城ミュージアム(Museet på Koldinghus)」。

ここは13世紀に建てられ、1808年の火事で廃墟となった王城をそのまま生かし廃墟ミュージアムとして公開しているミュージアムでデンマークにある建築物の中でも3本の指に入るほど、建築・デザインを勉強している人であれば一度は見に行ってほしい建物です。
IMGP5541.jpg
↑コリングフス外観

1808年の火事の後、このお城は長らく放置されていましたが、1890年に入ると、廃墟を保存し、展示すべきという構想が始まりました。

1972年から建築家のインゲル&ヨハネス・エクスナー(Inger and Johannes Exner)指揮のもと、修復が行われ現在に至ると言われています。

この建物の魅力は何と言っても「新旧」のつくりが絶妙なバランスをもって調和しているという事。火事で廃墟となってしまった為、建設当時のままの形が丸々残されている訳ではありませんが、火事で焼けずに残った古い建物の部分と新しく増設した部分がとてもバランスよく設計されていて、新旧の建物両方が綺麗に見えるようにデザインされています。
IMGP5550.jpg IMGP5572.jpg IMGP5579.jpg
↑博物館内の様子

焼け跡の残るむき出しのレンガをそのまま「見せる建築」としてデザインに取り入れられており、この大胆なアイデアによる修復建築は、1993年に「ヨーロッパ・ノストラ賞」を受賞したそうです。
IMGP5576.jpg IMGP5586.jpg IMGP5595.jpg
↑博物館内の様子2


アンデルセンもその保存に尽力したといわれるコリング城。コリングに行った際は是非一度足を運んでみてください。

参考文献:
http://hokuobook.com/hokuo/design/koldinghus/

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/7007/denmarkrena05.htm
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。