上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーフスにある芸術鑑賞できるギャラリー「KUNST HAL AARHUS」

今日はデンマーク第二の都市「オーフス」にある芸術鑑賞できるギャラリー「KUNST HAL AARHUS」についてご紹介したいと思います。

ここはオーフス芸術協会の主導で1917年に「現代アートセンター」として設立され、デンマーク国内のみならずヨーロッパでも最古の「現代アートセンター」の一つであるとされています。
IMGP9426.jpg
↑ギャラリー外観


長い歴史の中で改装や修復が何度か行われ、現在の形になっていますが、現在は「現代アート」の展示場やカフェ、図書館(とても小さいですが、、、)の機能をもっており、様々な企画展やアート活動を支援する場所として利用されています。

私はこのギャラリーを学校のアートの授業で訪れたのですが、私が訪問した時の展示が衝撃すぎて、、、色んな意味で凄かった!笑

というのも、私が訪れた時はなんとアジア人(確か中国?)に住む「モノを捨てられない女性」が生涯の間に集めた(貯めた?笑)モノを展示室いっぱいに展示している展示。笑

「えっなにそれ?意味がよくわからない。。。」と思う方もいるかと思いますが、、、この写真をみたらその意味が一目瞭然になると思います。。。笑
IMGP9398.jpg IMGP9402.jpg IMGP9404.jpg
↑展示品の様子

お皿やTV、歯磨き粉や洗面器、ごみ袋や人形等、あらゆる種類の生活用品がならべられていて、これが一人の女性の家の中に全て収納されていたというので驚きです\(◎o◎)/!

この女性はモノを大事にするあまり、何十年も生活用品を捨てられず全部家の中にとっていたのだとか。笑 こんな膨大な量をとっていたことも凄いと思いますが、それを展示にしちゃおうというこのギャラリーの企画もすごいなと思いました。笑

色んな意味でこの展示には唖然。笑 過去にこんな展示を一度もみたことがなかったので、多分一生忘れないだろうなーと思う展示でした。笑

この展示がされていたのは地下のフロアで、このギャラリーには1階にも展示場があります。1階にはこんなポスター?をつかった展示がありましたが、、、これが何の展示だったか、地下の展示のインパクトが強すぎて忘れてしまいましたが(笑)、日本のギャラリーと違ってだいぶ個性豊かなものが多かった印象でした。

ここには小さいですが、カフェもあるし、図書館もあるので、少しまったりしに来るには最適な場所。オーフスで一番有名な「アロス」という美術館にも近い立地に建っているので、「アロス」を訪れる際やオーフスで少し芸術に浸りたい時は是非足を運んでみてください。
IMGP9413.jpg IMGP9412.jpg IMGP9410.jpg
↑館内の様子

参考文献
http://kunsthalaarhus.dk/en
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。