上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最北端に位置する都市「Skagen」のオススメスポット

昨日にデンマークのユトランド半島の最北端に位置する町「Skagen(スケーエン)」についてご紹介させて頂きましたが、スケーエンはGrenen(グレーネン)だけでなく、他にも沢山にいいところがある!という事で、今日はグレーネン以外のスケーエンの見どころをお伝えしたいと思います。
IMGP2824.jpg
↑スケーエンの駅の様子

まずはじめにスケエーンの有名なスポットと言えば、「Den tilsandede kirke(砂丘に埋もれた教会跡)」。Den tilsandede kirkeとは、1795年に砂嵐によって埋もれてしまった教会で、またの名をSct. Laurentii Kirke (St. Lawrence's Church)といいます。1400年代に建設されたゴシック様式の教会で、16世紀頃から砂丘が教会周辺に押し寄せるようになり、住民は教会に入るたび、入り口を掘り起こさなければならなかったそうです。そして、1795年に、王の命によって教会は閉鎖され、1810年に塔部分を除いて破壊されたのだとか。
IMGP2748.jpg
↑Den tilsandede kirkeの様子

今は新しい入口が取り付けられており、中にも入れるようになっっていました。真っ白な壁と真っ赤な屋根のコントラストが聞いてとても綺麗ですが、ここもこの教会まで行くのに迷わずに行っても結構遠い~。スケーエンは基本交通の便がそんなによくないので、歩きで色々と回ると考えていた方がいいかもしれません(^_^;)
IMGP2745.jpg IMGP2754.jpg
↑Den tilsandede kirkeの様子2

そして、その次にお勧めする有名スポット?はスケーエンの街の中心街。待ちの中心部には日用雑貨のお店だけでなく、工芸品やキッチン雑貨、小さなギャラリーがあったりと、街中は目移りするくらい興味深いお店が沢山!この町を沢山の芸術家たちが愛し、多くの人が移住してきたと言われていますが、その名か街中にあるお店も芸術品を取り扱うお店が多いように感じました。
IMGP2793.jpg IMGP2769.jpg IMGP2760.jpg
↑Den tilsandede kirkeの様子2

可愛い小物や様々な芸術作品に出会える素敵な街なので、時間があれば是非足を運んでみてください。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。