上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマークと日本をつなぐ企業「ayanomimi」

今日はコペンハーゲン滞在中にお世話になった企業「ayanomimi」について少しご紹介したいと思います☆
「ayanomimi」という社名を聞いてなんとなく、日本らしい名前に聞こえる方も多いかと思いますが、、、この会社はその名の通り「あやさん」という方が社長として運営されている会社です!
11034274_428642250631941_3722328868584874028_n.jpg

私があやさんと知り合うきっかけになったのは参加させて頂いてもらっていた「コペンライフ」の記事にあやさんがインタビューされていた記事を見たこと。
※この記事→コペンライフ

デンマークに住む日本人として、デザインに関わる仕事をデザイナーではなく、それを支える側として働いている姿にとても興味をもち、共通の友人を通じて合わせて頂いたのが、はじめての出会いでした。

彼女が運営する「ayanomimi」はコペンハーゲンを拠点に企業のためのビジネスコンサルティングや日本とデンマークを繋ぐ企画プロデュースを行う他、イベントやセミナーを主催する会社です。

彼女は日本人でありながら、デンマークに生まれ育ち、デンマークで生活している事をアドバンテージとして、彼女にしかできない視点で「デンマーク」と「日本」をつなぐイベントやセミナーを行っています。

「北欧・デンマーク」といえば、日本人からすると「家具」や「デザイン」の国というイメージが強いので、それらに関わる仕事が多いそうですが、近年ではデンマークのIT事情や生活に関するテーマのセミナーやイベントの企画の依頼が増えているそうです。

日本で「デンマーク」そして「デザイン」に関わるお仕事を帰国後もやっていきたい!と思っていた私はあやさんのやっているビジネスにとても興味があったし、色々お話を伺えるチャンスがあっただけでも、とても満足!!でしたが、お会いした際にちょうどあるイベントのお仕事のお手伝いを出来る人を探しているので、やってみますか?と声をかけて頂く事ができ、少しだけ、「ayanomimi」のお仕事をお手伝いもさせて頂きました。

あやさんの事務所はデンマーク人と日本人の少人数チームで働かれている会社なので、一人一人がとてもアクティブに仕事している感じ&責任重大なタスクをこなしている感じでしたが、日本の大企業と違って「自分がこの仕事を動かしている」という実感がとても湧いてくるような会社でした。

デンマークではあやさんのように、大きな会社に就職するのではなく、自らで起業して、自分の会社を運営していく人が近年とても増えています。理由は沢山ありますが、日本よりも大きな企業がないので、就職先があまりないという事もあげられますが、起業する若者をサポートする国の体制が日本より遥かに良いのだとか。

小さな国デンマークが世界の国々の中で生き残っていけるかは若者達が新しく作った企業達がどのように成功していくかにも今後関わっていくのではないかと思いました。

これからデンマーク国内でどんな企業が出てくるのかが楽しみだし、少しインターン生として、お仕事のお手伝いをさせて頂いたことにより「ayanomimi」の今後の活動がとても楽しみになりました。

「ayanomimi」はデンマーク国内だけではなく、日本国内でもさまざまなイベントやセミナーを行っております。興味が湧いた方は是非「ayanomimi」の活動をチェックしてみてください(^-^)

ayanomimi HP:
http://www.ayanomimi.com/
インタビュー記事:
http://epmk.net/ayaokamura/
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。