上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デンマーク」ってどんな国??

さてさて、先日まで「なぜデンマークを留学先に選んだか」という話をしてきましたが、そもそも「デンマークがどんな国」か、皆さんご存知ですか??

留学前「デンマークに留学します!」と色んな人に報告したけれど、大半の人に「デンマークって何処??」って言われました。笑
近年「北欧デザイン」に注目が集まっていて「デンマーク」っていう国名を聞くことが多くなってきたけれど、この国についてあまり知らない方も多のが現状。。。そこで今日は簡単にですが、「デンマーク」ってどんな所なのか書いてみようと思います。

「デンマーク」は古くから工芸・建築の優れたデザイナーの宝庫として北欧文化の隆盛を担ってきた国で、童話作家アンデルセンをはじめ、哲学者キルケゴール、彫刻家トーヴァルセンなどの芸術家の生まれ故郷です。
特に家具デザイナーや建築家の多く、アルネ・ヤコブセンポールへニングセンもデンマーク出身のデザイナーさんなんですよ(´∀`)

なだらかな国土には森の緑と草花、紺碧に輝く湖沼が多く、美しい景観が楽しめると共に酪農も盛んなので、チーズなどの乳製品等が美味しい国でもあります♪

地理的には北欧諸国の中で最も南に位置し、ヨーロッパ大陸と陸続きのユトランド半島と500以上の島々からなる国で、首都はコペンハーゲン★ヨーロッパで唯一、大陸部分を領有していながら、首都が島にある国だとか!地図で見るとこんな感じデス~↓
Denmark MAP


国土は北海道の半分強の大きさで人口約550万人で兵庫県の人口に相当する位。
日本と比べても非常に小さな国で世界の中でもそんなに大きな国では無いのに、現在色んな分野で「デンマーク」は注目されています!
その中でも3つ上げるとしたらこの分野↓

1つ目として挙げられるのは「高福祉国家」であるという事。
デンマークはとにかく「税金」が高い!消費税は25%で所得税はなんと約50%以上も取られます。そんなの日本じゃ考えられない~と思ってしまいすが、なぜデンマーク人がこんなに高い税金でも納得しているかというと、「福祉政策」がとても充実しているから。
高負担の代わりに医療費は無料、小学校から大学まで無料で教育を受けることができるし、失業保険も4年間、現役時代の90%が保証されるそうです!羨ましい~♪
国旗


2つ目は「エコロジー大国」であるという事。
エコな国と言えば、必ず名前が挙がる程「デンマーク」のエコ対策は有名です!全エネルギーのうち、10%以上が自然エネルギーでつくられているそうで、近年は自然エネルギーでの電力自給率100%を誇る「サムソ島」がとても注目されていますよね♪日本をはじめ、この島には海外から視察に来る方が近年とても増えているそうです。
風力発電

3つ目は「養豚大国」であるという事。
デンマークは、平たんな土地が多く、国土面積に占める農用地面積は6割を超えています。古くからこの恵まれた土地を利用した穀物生産が盛んに行われており、国土面積も決して大きくない&人口約550万人とEU27カ国(約5億人)の約1%強を占めるにすぎないにも関わらず、EUにおいてなんと豚肉生産の約7%、豚肉輸出の約17%を占める養豚そう!!恐るべき数字ですね~これは。笑
畜産

とこんな感じで簡単に説明するとデンマークは「福祉」・「エコロジー」「畜産」の先進国な訳であります。

その他にも女性の社会進出がとても進んでいる事や国民一人当たりのGDPが日本よりもデンマークの方が高い事も注目されていますが、最近一番注目されているのは「世界幸福度報告書2013」でも、2年連続幸福度ランキング1位となった事。

税金も高くて、農家だらけの国がなぜ幸福度No.1になるのか、私は渡航して来るまで不思議でしょうがありませんでしたが、、、ここに住んでみて約2ヶ月。なんだかその理由が分かり始めた気がします♥

その理由についてはまた追々書いていこうと思います・・・☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。