上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス★ロンドンの年末年始~イギリスのモダンアートの発信源ICA~

さて、昨日から数日間の特集として私が訪れた「ロンドンの観光スポット」についてご紹介していますが、今日ご紹介するのはイギリスでモダンアートの発信源となっている「Institute of Contemporary Arts(通称 ICA)」

ここは1947年に Peter Watson, Herbert Read, Geoffrey Grigson, Roland Penrose 等によって設立されたコンテンポラリーアート(現代アート)のギャラリーです。
ICA.jpg
↑ICA入口の様子


中に入ってみると、普通のギャラリーとは少し違った雰囲気が漂っていて、入口から「コンテンポラリー感(?)」満載な感じになっています!!笑

特に今回訪れたときに展示されていた展示の作風が奇抜で面白すぎる!入口入ってすぐに「ヒゲ」をずっと削っている男性のムービーが永遠と流れていたり、奥の方に入ると、コラージュで作ったポスターが張ってありましたが、その作風も中々奇抜で面白い。「コンテンポラリーアート」って一歩間違えば、「???」と思ってしまう作品が多いですが、、、そのギリギリ感満載な作品で、見ていてとても良い刺激になりました(^^)
ICA2.jpg ICA3.jpg
↑館内の様子☆(展示の部分は写真が残念ながら撮れませんでした(><))


ここではギャラリースペースのほかに、2つのシネマ、シアター、ライブステージ、バー&レストランが用意されていて、連日様々なエキシビションやパフォーマンスが企画されているそうです!

ロンドンにはいくつも近代美術、コンテンポラリーアートギャラリーがありますが、その中でも観光客がアクセスしやすいロケーションにあるという所も魅力のひとつ♪是非、近くまで行った際はロンドンの現代美術を満喫しに、行ってみてください(*^_^*)

*Institute of Contemporary Arts詳細***
公式HP:http://www.ica.org.uk/
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。