上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス★ロンドンの年末年始~400万点の膨大なコレクションを誇るV&A~

2014年も本格的にスタート!!という事で、今日からはまた通常通りのブログに戻って、年末から連載している私が訪れた「ロンドンの観光スポット」についてご紹介していきたいと思います!

今日ご紹介するのは「Victoria and Albert Museum(ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館)(通称:V&A)」。
ここは芸術とデザインを専門分野とし、そのコレクションの質と内容の豊富さにおいて世界に並ぶものがないと言われる程、巨大な美術館!!陶磁器、家具、衣装類、ガラス細工、宝石、金属細工、写真、彫刻、織物、絵画など、3000年余りにおよぶ世界文明の遺物が蒐集されています。(by V&A HP)
V&A
↑V&A入口


現在進行中の大規模な改築計画の一環として、建築、絵画、彫刻およびイスラム芸術など、各展示室もオープンしたという事を聞いて、今回見学しに行きましたが本当にこの美術館デカイ(°д°)! 入口から「なんじゃこりゃ!?」という程広いエントランスや巨大クリスマスツリー、そして天井から吊るされているシャンデリア風のオブジェ等凄い装飾が沢山飾られていて、そのダイナミックさに思わず圧倒されます\(◎o◎)/!
V&A2 V&A3 V&A4
↑V&Aエントランス


今回はあまり時間がなかったので、興味のあった「建築」分野の展示を中心を見に行きましたが、1つの分野の展示室だけでもとてもボリューミーな展示内容☆「建築」ブース室の入口を入るとこんな感じで、年代別&各国を代表する建築物の模型やポスター展示等が沢山あって、とっても勉強になりました(*^_^*)
V&A5 V&A6 V&A7
↑「建築」分野の展示室の様子


歴史的建造物から住宅まで幅広い展示品が飾られていましたが、この中になんと「日本」の展示ブースも発見♪日本の伝統的な家屋やお城や寺の展示がされていて、母国の文化が世界中で広められている事になんだかとっても嬉しくなりました(´∀`)
V&A10 V&A8 V&A9
↑「建築」分野の展示室に飾られていた日本の建築☆
 

この他にもお隣に展示室があった「ガラス」のブースを見たりしましたが、どこもかしこも膨大なコレクションが飾られていて凄い!!ガラスの作品についてはあまり詳しくないけれど、、、見ているだけでもとても楽しめるコーナーとなっていました(*^_^*)
V&A11 V&A12 V&A13
↑「ガラス」分野の展示室


ゆっくり中を全てみたい方には1日かかる程、大きな美術館!素敵なコレクションが沢山飾られているので、是非一度ロンドンに行った際は足を運んでみてください☆


*Victoria and Albert Museum詳細***
住所  :Cromwell Road, SW7 2RL,LONDON ENGLAND
最寄り駅:地下鉄サウスケンジントン駅(ピカデリー線、ディストリクト線、サークル線)
公式HP :http://www.vamuseum.jp/index(日本語のHPがあります!!)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。