上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学前準備_No.3~仕事(転職前)~

さて、近日中はフィンランド&エストニアの旅行記を掲載していたので、だいぶ話がそれてしまいましたが、今日は留学準備のお話に戻りたいと思います!

前回まで留学前準備として「学校選び」について書いてみましたが、今日は「仕事」について書いてみようと思います。

留学前の準備として一番大変だったのはやっぱり「仕事」に関する事。
前回の記事にも書きましたが、私は色々な事情が重なった関係もあって、留学する前は転職して1年目。転職先では「リフォームアドバイザー」という仕事をしていました。

なんで転職先にこの仕事を選んだかというと、転職前に「二級建築士」の資格を取ったのが凄~い影響していたなと今、振り返れば思います!

というのも大学を卒業して、新卒で入った会社は住設機器の会社で、そこでは1年目からCGを使ってカタログ用の画像を作るというお仕事をしていました。大学ではプロダクトデザインを勉強しており、CGに関する基礎知識はあったし、元々何かをつくるという仕事は好きでした。内定先の会社では自分の希望していた部署に運よく1年目から入れた事もあり、仕事は難しいながらも凄い楽しかった♪

でも自分が不得意としていた事は「図面を理解する事」。当時はお風呂やトイレのCG画像を作るという仕事をメインにやっていましたが、元々文系出身&プロダクトの勉強をメインにやってきていたので、「建築」に関する知識がとても疎かった私。数学は大嫌いで、避けて生きていたので図面を読み解いて、それをCG上で形あるものとして作り上げるという作業は私にとってはとてもハードルが高かった。。。
図面
↑私が大嫌いだった「図面」

「う~こんな状態では今後仕事がきつい~」と入社当時から壁にぶち当たった私。どうしよう~と思って思いついたのは「二級建築士」の資格の勉強をする事でした。
なんでそこにたどり着いたかというと、大学で建築士の受験資格がもらえる学科に通っていたのでいつかは挑戦したいなと思っていた事だったし、当時から留学するという事は決めていたので、留学する為には何か自分に付加価値をつけなきゃと思っていました。

当時私が勤務していた会社は「資格」をかなり重視する会社で、仕事に生かせる資格を持っているとかなり優遇してくれました。特に「建築士」の資格は国家資格だし、合格率も高い訳ではないのでこれを持っている社員は何処の部署でも凄い重宝してもらえました。だから、せっかく勉強するのであれば「二級建築士」にしよう~と思い立ち、入社1年目から猛勉強開始!

数学が大嫌いで、まったく建築に関する基礎知識がなかった私は会社に行きながら試験対策用の予備校に通い、会社にいる時間以外は机に向かってガリガリ勉強するという生活を約2年間続けました。

試験に受かるまでの2年間はホントつらかった~。自分の大嫌いな数学と訳のわからない建築用語を必死に覚える日々。仕事もまだ新入社員だったから覚える事だらけで、仕事しながら勉強するのはかなりしんどかったし、ほとんどプライベートの時間はなかった。。。でもその甲斐あってか、入社2年目に受けた試験で無事合格!今思えば、この「合格」がなかったら今「留学」出来ていることも、前の会社に「転職」出来たこともなかったのだからホントこの時頑張った自分に凄い感謝だなと思います。

と、「2級建築士」の資格も無事getして、後は仕事で実績を残して1年後「仕事で役立つスキルを身につける為に留学したい」と言って休職願を出そう~!と計画していた矢先に起きた事件は「父が入院したこと」でした。

当時は1人暮らししていて、父が入院している病院に通うのも凄い大変でした。父の病気は命には別条がなかったものの、またいつ再発してもおかしくない病気。病気が発覚してから受けた手術の時に「この手術が失敗したら、命はないかもしれません。」と言われた時、「あ~お父さんももう年なんだし、もっと近くで生活していれば良かったな」と凄い後悔しました。だからそれをきっかけに、「実家に戻ろう」と思うようになり、転職を視野に入れるようになりました。

当時の仕事はハードながらも凄い面白いし、好きだったから本当は辞めたくはなかった。でも異動するのが難しい部署にいたし、将来的にはどこに転勤になるかわからない仕事だったので、ならば建築士の資格を生かして働こうと、考える様になりました。

そこで転職活動を開始したところ、なんと1社目で合格!「えっ、転職ってこんなに簡単なの?!」っておもうほどあっけらかんに終了。「二級建築士」の資格をもっているのはすごい大きかったし、転職する際に「今までいた会社の製品に関わる業種で、卒業してしまう会社にも貢献できる仕事がしたい」という思いがあったので、その目的にそった会社のみを厳選して選んだ結果、なんと転職先の会社は1か月という驚異的な速さで決まりました。

でも早すぎる転機に自分の中の気持ちの整理の方が追い付かなくて、本当に転職してしまっていいのかとても悩みました。しかしその時に凄いお世話になった先輩に相談した時、「仕事はいくらでもあるけれど、家族は1つしかないのだから、家族を第一に考えなさい。」と言ってくれました。なんかこの言葉が凄い自分の中で大きな衝撃だったなぁ。

その言葉を聞いてから、自分の中でもこれはチャンスなのだと踏ん切りがつき、転職する事を決意!大好きだった会社や同僚、先輩に後押ししてもらって、2社目の会社に転職したのでした。

転職こそすぐ出来て順調だったものの、転職先の仕事はそう上手く行く訳がありませんでした。。。と、またまた長くなってしまったので、続きはまた次回☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。